動き出した

空気の匂いが、「こりゃいるよね~」って感じ。

分かる人には、分かると思うんだな、この感覚。

動き出したね。
d0126520_04193722.jpg

















某番組の「全落ちプロ」じゃあないけれど、このフィールドは、ほんと、全落ち。

シーズン初めのこの体感、童心にかえる。楽しい♪

それでも、蝉もいない、まだまだ静かな森の中。

耳を澄ませて彼らの存在を探る。

いるんですな~ほんとに初期だから、木登りくんが。
d0126520_04185325.jpg
















d0126520_04190094.jpg




























いい型だ~

大物オーラが出ていたんだけど、このこでも、なんと63,4なんです!

長年探して見つけた、ここ、
蝦夷型ばかりの「ゴン太」地帯(笑
d0126520_04192405.jpg

















そのうち、この近辺の氏神様にお参りにいかないとな。

そんな気持ちが湧き出るほど、気持ちのいい時間を過ごせた。感謝。
d0126520_04191674.jpg


# by Ginettino | 2017-06-27 04:30 | 日々戯言 | Comments(0)

晴れ間に

d0126520_23305407.jpg
















Neptis sappho コミスジ

ひらひら舞い降りて、さかさまに。

羽根先が欠けてる。

ミスジチョウの飛び方って、昔から好きで見とれてしまう。

フィールドは、いまだハナムグリばかり。

待ち人、来ず。。。


**************
うってかわってデスクワーク。

しかし、もうね、ここら辺、、、
d0126520_23332189.jpg

















ほんと、分からない。

♂の個体変異の幅が大きいことが、♀のそれと同レベルなのかそうでないのか。

♂と違って、♀は見れば見るほど~、分からなくなる。


ほんと、お願いしたい。

「わたし~、●●●ミヤマの♀でーす162.pngって、言ってくれないかな。


”♀のかたち・ラビリンス”

なんとか、クリアしたいのだけど、

こりゃ、

根気いるなあ~



# by Ginettino | 2017-06-25 23:41 | 日々戯言 | Comments(0)

1st

1st Lucanus, 2017 summer !! d0126520_21030083.jpg
































d0126520_21031488.jpg

















木登り1号を視認!

62,3の顎がすらりと伸びた美形。

出たての金栗毛☆

美しい。

出会いに、山の神様に感謝。

我がポイントでは、まだまだこれからの模様。およそ30分の探索で、この子のみでした。

ぽつぽつコクワ。
山盛りハナムグリ。

これからだね!
d0126520_21033586.jpg











# by Ginettino | 2017-06-23 21:05 | 日々戯言 | Comments(0)

ヒメミヤマ系ネタあれこれ

タイミング、というものをいつも思うのです。
今だ、ってのを感じないと、全然モチベーションが上がらない。
自分が発表した成果を~自分で塗り替え塗り替えしていく、私、そういうタイプではないんで(笑
だって、自然は変わらずにあるわけでしょう?
自分が勝手に急いだって、ねえ。

でも、まあそんな自分でも、もうそろそろ~かな、と感じ始めている。
Lucanusに関してあれこれ知見をまとめているけれども、
こと、ヒメミヤマ系の「細い奴ら」には特に思い入れがあって、ネタ盛り状態。

・「ノビリス」は一種?
・ラオスとベトナムの赤ミヤマ
・シン・タカクワ
・spキクロマトイデスはどこいった?
・四川深山の系統
・フジタはなにモノ? etc...
d0126520_01361525.jpg
















故・葛さんの下記の論文など、いろいろ出てきた今日では追加補足しなければならない状態だ。

「ミヤマ好きならあげるよ~」と本人に抜き刷りをもらったあの頃から、
もう15年なのか~

『中華鍬甲』も<3>が出たと聞いている。

あれこれUPdateな頃合なのかもね。

葛さん、御加護を★

# by Ginettino | 2017-06-11 02:00 | 日々戯言 | Comments(0)

2017シーズン開幕

インドシナ南部では、4月末より吉報が舞い込んでおりますが、6月に入り、ようやく国産深山も発生しだした模様。
と同時に、入梅ですね・・・まずは毛虫との戦いか。

今期もフィールドに出ますぞ!シーズン開幕!
d0126520_22372544.jpg





# by Ginettino | 2017-06-07 22:38 | 日々戯言 | Comments(0)

Proagopertha pubicollis (Waterhouse, 1875)

Proagopertha pubicollis (Waterhouse, 1875)
d0126520_19063067.jpg

















d0126520_19075975.jpg

















d0126520_19075263.jpg

















d0126520_19074225.jpg

d0126520_19080953.jpg





# by Ginettino | 2017-04-23 19:10 | 日々戯言 | Comments(0)

モード切替...

d0126520_03593263.jpg












たまってゆく標本をせっせと整理する
米国大統領就任式の今宵。

いやはや、箱が足りない!
d0126520_03592587.jpg
# by Ginettino | 2017-01-21 04:03 | 日々戯言 | Comments(0)

sp. gamunus

黒沢良彦
「伊豆諸島特産種ミクラミヤマクワガタの系統と分布」
『国立科博専報』 No.11, Dec, 1978, pp.141-153

Y. Kurosawa
"Phylogeny and Distribution of Lucanus gamunus Sawada et Y. Watanabe (Coleoptera, Lucanidae), Endemic to the Izu Islands, Central Japan. "
National Science museum, No.11, Dec, 1978, pp.141-153

_____

パリーやラエトスを考えるとき、この黒澤先生の論文は基礎文献として重要。

中国にルーツを持つと思われるミクラミヤマクワガタが、なぜ日本の本土ではなく、伊豆諸島の小さな2 島だけにいるかということについても、中国から日本本土に入ったミクラミヤマクワガタの先祖が、八丈島近くにまで伸びていたであろう「古伊豆半島」を伝わって伊豆諸島に進入し、本土では外敵などによって滅びたが、隔離された孤島の一部でかろうじて生き延びた、という大胆な仮説が展開されたのも、本論文である。

むし社の藤田氏は、「現在と変わらぬ結論を出された黒澤氏の慧眼には驚くほかない。」と以下の論文で言及している。
______
藤田 宏
「ミクラミヤマクワガタの研究史―54 年前に発見されたクワガタムシ―」
『Mikurensis みくらしまの科学』 Vol.3, 2014, pp. 35-64

H. Fujita
"A bibliographical review on Lucanus gamunus Sawada et Watanabe, 1960 endemic to the Izu Islands -A lucanid-beetle found 54 years ago- "
Mikurensis, Vol.3, 2014, pp.35-64
 
 
PDFへのリンクはこちら。


# by Ginettino | 2016-11-06 12:02 | Refarence | Comments(0)

sp. laetus & parryi

Lucanus laetus Arrow, 1943
ラエトゥスミヤマクワガタ
Lucanus laetus n.n. Lucanus Oberthuri Planet, 1897
(nec L. Oberthuri, Planet, 1896) Arrow, 1943
: Tibet
/China (Xizang, Sichuan, Yunnan)

syn. Lucanus Oberthueri, 1897
Lucanus Oberthurei, nec Planet, 1896 Planet, 1897
: Tibet
____________________________
Lucanus parryi Boileau, 1899
パリーミヤマクワガタ
Lucanus Parryi Boileau, 1899(nec Hope 1843)
: Koua Toun (Chine meridionale)par M.de Latouche
/ S.E.China

syn. aterrimus Didier, 1929
Lucanus Parry va. aterrimus Didier, 1928-1929
: China
syn. thoracicus Didier, 1929
Lucanus Parry va. thoracicus Didier, 1928-1929
: China
d0126520_11231629.jpg
中国に分布する黄色い羽の種。
個人的に、いまいち集めていない系統です。

鞘羽まで真っ黒な黒化型がときたま見つかるのは、興味深いですね。

国産のミクラミヤマsp. gamunusとのかかわりが、かつて黒澤良彦先生によって指摘された。



# by Ginettino | 2016-11-06 11:25 | 標本考察 | Comments(0)

仏蘭西

d0126520_18493516.jpg

いやはや、ご立派!!!
もちろん野外個体。
# by Ginettino | 2016-11-03 18:45 | 日々戯言 | Comments(0)

れんの博物学ライフの覚書スペース“オペルカ”. 主としてミヤマクワガタ Lucanus [Coleoptera, Lucanidae]に関することをあれこれつづってゆきます。「ミヤマは数見なきゃ語れない」


by れん
プロフィールを見る
画像一覧