亜種への格下げ

レファレンスへ、永井氏のミャンマーの野瀬コレクションの記載文を発掘して、UPしてみました。

というのは、新巻の『中華鍬甲・参』にて、葛さんのサパヒメミヤマL. fukinukiaeが、永井氏2000年記載のL. derani すなわちデランミヤマの亜種に格下げの処置をされていたのを見てしまったためです。

新巻10-11ページの記述の概要は以下のようなもの。
_____
・デランミヤマの基産地に近いところで採れた個体が、雲南の片馬Pianmaの人物からもたらされた。
・その中の1個体は、デランとして永井氏の論文に図示されたホロタイプ個体に、「外形要素のあらゆる面で all detail of the external features」合致する。
・交尾器を精査したところ、ミャンマーのデランミヤマは、葛さん記載のベトナムのサパヒメミヤマと、「同種である is conspecific with」ことがわかった。
・よって、雲南のGaoligongshanの個体群(中華鍬甲壱, 2010, p. 253, Plate 37, 1-4のPingbianラベルのこと??)は、デランの亜種ssp. である。

⇒その雲南Pingbianの個体群を、デランミヤマの新亜種fukinukiae と整理 stat.nov.した。
_____

つまり、葛さんのベトナムのサパヒメミヤマは、中国の雲南の個体群とひとくくりにされ、デラン亜種へと整理されたわけです。

みなさん、どうでしょう。

確かに、中華鍬甲壱(pp. 89-93)において、著者らは「サパヒメミヤマはデランのシノニム」では?とほのめかしており、何らかの整理をする気満々であったことがうかがえる内容となってはいました。

結果としてシノニムにしないまでも、「亜種」へと組み込んだわけでありますが~どうでしょう。

********
まず、ひとつ、
交尾器を精査したといっても、基本的に「雲南」個体と「ベトナム」個体を同じという前提に立っている著者たちのことだから、きっと「雲南」個体の交尾器で比較したのでしょう。
ぼくはこの前提を怖いな~もっと丁寧にやって欲しいな、と思います。ベトナム個体のホロタイプやパラタイプを検した、とかあればまあいいかなと思うとこだけど、そういう基準標本を直接見ずしてやって(言って)いいのかなと。
d0126520_00214233.jpg
d0126520_00233502.jpg
図示したこれらは、手元にある中国Pingbianの個体群。まあ、同じというならば、そのようにこの子達を捉えましょうかね。


ふたつめ、
デランミヤマを考えるとき、今回ミャンマーで採れた個体がデランである確証は、「基産地に近い採集データ&記載写真の見比べ」、でしかないわけで。
これも怖いな~デランは野瀬氏の以降、まったく入ってきていない種なので、ね。

仮に、デランミヤマを語るならば、大型個体まで検して原記載の補完をした後に、亜種記載へと順を追って進めばよいのに。
飛躍しすぎというか、拙速だよなあと。

私見ですが、デランは、新巻で図示された個体たちの感じからすればなおさら、大歯型は、いままで「フェアメールとか呼ばれていた奴やツカモト系」になって、サパヒメミヤマのような「太丸い系」にはならないように思います。
また、ミャンマーと、サパやPingbian間の距離を考えたとき、結構遠いでしょう?そのあたりは、なんたってミヤマの種分化の坩堝です。よって、亜種以上、種レベルでの分類になるのではないかと予想します。
交尾器に基づいてあーだこーだ判断するまえに、まずは、基本中の基本、外観、特に大歯型の個体の比較が、まずありきではないでしょうか。


とまあ、やってもいないのに、批判してもしようがありませんね!

ただ、
著者らの姿勢をみると、ベトナムにおいて記載された種を、中国種の元で格下げしてゆく傾向があるという点が目に付きます。
『中華鍬甲弐』では、cheniの記載からの~チベタヌスの整理を試みたわけですが、そこで、フルキフェルのレクトタイプ指定問題をベースとして、フルキフェルをチベタヌスのフルキフェルというふうに格下げしました。そこで、プセウドシングラリスや、チベタヌスのベトナム亜種カツラもシノニムにされています。
つまり、雲南の個体群に、みな集約させていく傾向があるんですね。

フルキフェル問題はおいておいても、雲南の個体(この場合のレクトタイプは雲南のみのラベル!)にベトナムのカツラ亜種まで集約させていくのは、少々強引に感じるところ。
彼らの根拠は、交尾器を観察している、外形比較をたくさんやった、というところでしょうが、、、
交尾器のどこがどう異なるというのは、だいぶ主観をまぬがれないかと。つまり、誰もが納得するようなものでは無いように思うんですよねえ。。。
まして、カツラの直接ホロタイプを検してるわけではないだろうし。

しかし、私見とはいえ、批判はあまり良くありませんね。
自分もぶっこんで行きます。

こういうところは、丁寧にやっていく感覚が通じる研究仲間でコラボしていきますので。
慎重すぎてもだめですけど、こういう、後世に残るものにかんしては、拙速すぎるよりはいいかなと思っています!

ではでは。





# by Ginettino | 2017-10-22 00:40 | 日々戯言 | Comments(0)

Nagai, 2000

永井信二
「北部ミャンマー産クワガタムシ科:12新種、3新亜種及び2新位置について」
『ミャンマー北部の蝶と甲虫:野瀬コレクション』,73-108頁,レッセル,2000年5月.

d0126520_22421183.jpg

S. Nagai,
“ Twelve new species, three new subspecies, two new status and with the check list of the family Lucanidae of northern Myanmer.”
Notes on Eurasian Insects No.3, The special issue featuring articles on the Insects on Myanmer, Collected by Nose’s expedition., Lessel: Osaka, May-2000., pp. 73-108.



Plate 19 (p. 74)
Lucanus hayashi sp. nov.
Lucanus nangsarae sp. nov. ナンサー
Lucanus tibetanus isaki ssp. nov. 
Lucanus fryi
Lucnaus cantori colasi 

d0126520_22373954.jpg

Plate 20 (p. 75)
Lucanus szetschuanicus lati ssp. nov.
Lucanus derani sp. nov. デラン
Lucanus lesnei
Lucanus mania
Lucanus nyishwini sp. nov. ニュウシュイン
Lucanus nosei sp. nov.
Pseudolucanus denticulus
Noseolucanus rugosus


# by Ginettino | 2017-10-21 22:48 | Refarence | Comments(0)

sp. deuveianus *Top

Lucanus deuveianus Boucher, 1998 
 : type♂: China, Guangxi, DamingShan, 1200m

⇒Krajcik, 2001: p.77; Araya, 2001: p.14, f.29-30; Krajcik, 2003: p.102,
Fujita, 2010: p.100, Pl.43, Huang&Chen, 2017, pp. 16-17.
_________________________
d0126520_01281523.jpg

Mt. Damingshan,
Woming, Guangxi, CHINA
VII-2010
74mm

広西壮族自治区の大明山に産する、デューベイアヌス。

にて、初めて図示紹介された種。

クワガタの知見に多大なる影響を与える藤田氏の大図鑑(2010)では、残念なことに小型個体1体が図示されるのみ。結果、一般に知名度は無いと言っても過言ではなく、一部のマニアの間で知られているに過ぎない。けれども、じつは、なかなかいい面構えをしたカッコイイ種である。


さて、このデューベイアヌスは、福建省に産するブリヴィオミヤマ L. brivioiに近い種と考えられる。参考までに、以下に以前の記事のリンクをあげておく。



新刊の『中華鍬甲・参』(2017)の 16-17頁においても、言及されている。そこでは、ブリヴィオとの外形的に見た違いとして、以下の二点が指摘されている。

 ①顎先の二股の歯先が長い(デューベイアヌス)か短い(ブリヴィオ)か
 ②頭部の張り出しが横に突出する(ブリヴィオ)か、なだらかに突出する(デューベイアヌス)か


顎先はあまり注目に値しないが、ミヤマ特有の「頭部の張り出しのかたち」で見分けるのは、確かに重要なポイントである。
ただ、私見では、上記の2点に加えてさらなる見所があるので、読者のみなさまの参考までに記しておきたいと思う。


 ●デューベイアヌスは、より前脚のケイ節の棘がノコギリ状になる傾向が強い。
 ●質感がブリヴィオのほうがマット(つや消し)に見える。
 ●体長アベレージがデューベイアヌスのほうが圧倒的に大きい。(MAXは70後半クラスと予想される)
 ●大アゴ半ばの巨歯が、ブリヴィオの場合は内側を向いて伸長するが、デューベイアヌスは鋭く上方に反り返って伸びる。
d0126520_01282598.jpg



たとえば、反り返るカタチを見せる顕著な個体を図示しておこう。

67mm


大アゴの鋭さは、Lucanusのなかでもトップクラスといっていいだろう。





また、彼らには、ミヤマ特有の微毛がほとんど見られない!といった特徴もある。

微毛がそこそこ多いクラーツらとは、外見こそ似てはいるけども、おそらく違う系統なんだろうな~と感じさせるのは、毛のないボディによるところが大きい。


繊細なつくり、

イエローでスレンダーな美脚、

欧州のミヤマのような、ソリッドなレッドのボディ。


なかなかセールスポイントが多い、美形ミヤマなんです。













あ、ちなみに、ドイツのシェンク氏が2009年に記載したらしい<ブリヴィオ・広西亜種>L. burivioi ssp. guangxiiっていう種類は、このデューベイアヌスのシノニムです。

そのパラタイプ持ってるんですけど~
シノニムのパラタイプって、意味あるの?笑
d0126520_02242166.jpg

# by Ginettino | 2017-10-17 02:25 | 標本考察 | Comments(0)

調査

神奈川のほうへ、資料調査に行ってきました!

出会いに感謝。

d0126520_02554048.jpg

# by Ginettino | 2017-10-13 02:56 | 日々戯言 | Comments(0)

便り

d0126520_01551075.jpg
展足に精を出してる今宵。

もう疲れたな~と思った矢先。
本当に久しく連絡をとっていなかった方からのmail.

その内容に、かなり安堵し、目元が潤む。


どこかで繋がるその縁を、たいせつに思う気持ち。
そのきっかけの「ムシ」への感謝。

深山の恵み、なんだなあ☆
d0126520_02163734.jpg
話は変わって。

標本棚の構想を練っています。

練ってるうちが、いちばん愉しいですな!





# by Ginettino | 2017-10-08 02:52 | 日々戯言 | Comments(0)

額の話

d0126520_18203197.jpg
ちょうど整理するもので前面にあったので撮ってみました。

ロシア極東のディボウスキーLucanus dybowskyi

日本のミヤマに似ていますが、大アゴ根本の歯が伸びる、いわゆるフジ型を示しつつ、顎先もそこそこ開くカタチをみせます。


似ているけれども、なーんかちがうよな~という漠然とした違和感を感じる人は少なくないと思います。

台湾のタカサゴミヤマも同じケースといえましょう。


ただ、その違和感を明確に伝えられるかどうか。そこがマニアか否かってところでしょうか(笑

日本の蝦夷ミヤマに参上願いましょう~一目瞭然。
d0126520_18204574.jpg
もっこり。。。

ディボウスキーやタカサゴ、その他の国産に一見似ている外産ミヤマの額は、みな、つる~んとしています。

日本のミヤマのこのもっこりを意識すると、逆に、不思議と見慣れた日本のミヤマがあたかも異国の種のように見えてくるから不思議。

こうした例に限らず、
この額の「もっこり」は、ミヤマにおける「種」を同定する上でかなり大きな注目ポイントなのです。(マジ)


近年の種だと、ドンミヤマなんて面白いほど角ばった板を乗っけてるし(笑
アルナーチャルのミシュミも、ぐりんとアイスを掬ったようにすり鉢状に、それでいて絶壁に反り立つ額をしていますね~個性的。

そんな中でも、大アゴもさることながら、額もまた、えぐいなーと感心したのは、やはり鬼深山 wemcheni。
d0126520_18205925.jpg
なんていうんでしょうね。

ジョジョのDIOのスタンド、ザ・ワールドの頭のようなライン?(知らない人は検索・笑)

そんなのを思い浮かべたのがファーストインプレッションだったな。




# by Ginettino | 2017-10-07 18:50 | 日々戯言 | Comments(0)

息巻いても…ねぇ


d0126520_23080970.jpg
なじみのこれ。L. cyclommatoides
d0126520_23081774.jpg
上のこれとはまたちょっとちがう、これ。L. sp.

どうしましょうね。

まず、いえるのは、
ラオスのと一緒にして考えないほうがいい、ということ。
d0126520_00105918.jpg
確実に「顔」が違います。
100頭並べれば、分かります。

なので、自分は、
ラオス基産地のフォルモサスとヴェトナム基産地のキクロマトイデスは、分けてとらえたいという立場。

ジリオリもフジタさんもフォルモサスに統合しちゃったんだけどね~
ここのところの分類は、非常にデリケートです。

なので、時間が解決するだろうと結論は持ち越してですね、
学名はsp.でゆるりととどめておいてですね、
流通名、いわばインボイスネームをつけちゃったらいいと思う。

そういうの熱帯魚界では良くあることですから~
例えば、プレコやコリドラスといった底モノ鯰たちなんて名無しはざら。

もうずっと知られて久しい「オレンジフィンカイザープレコ」
d0126520_23222161.jpg














(中野坂上の「まっかちん」http://www.makkachin.comより引用)

学名は、Baryancistrus sp.
いまだに名無しなんですな。

そんなところで、
葛さんの提唱した呼称をなぞるとするならば、

キクロマトイデス ⇒ ホソアカミヤマ
フォルモサス  ⇒ 「ラオス」ホソアカミヤマ
sp.     ⇒ 「イェンバイ」ホソアカミヤマ  

なんて地名でいくのはどうでしょう笑

「ニセ」ホソアカミヤマでもいいけど、ニセやモドキなんて今時ねえ。 
和名はムズカシイですよね~


あ、このspは、タカクワとも違うと思いますよ。

葛さんが名付けた「キイロ“ホソ”ミヤマ」。
フジタさんが大図鑑でタカクワミヤマL. takakuwaiとしたのですが、http://jinlabo.exblog.jp/12703669/
当初は、L. sp(不明種)扱いで、和名、というか呼称が先行していました。http://jinlabo.exblog.jp/8380103/

このサパに産する個体群は、ほんとうに、黄色い。
デラバイのように鮮やか。

かつ、「細い」んです。みんなもれなく細いんです!

かつてキクロマトイデスに混じって採れた、この
「真の」タカクワは、レアです!

まあ、ごく局所的に分布する個体群の、「顕著な特徴」に過ぎないのかもしれませんが、
この「顕著な特徴」は、自分には亜種レベル以上の違いだと感じるんだな。
直感ですけどね。

今日は画像掲載する気力なく~文面だけで~
気が向いたらまた☆


# by Ginettino | 2017-10-02 23:40 | 日々戯言 | Comments(2)

参の巻

本日受領。フェアでは荷物になるので飛脚便に頼りました。
d0126520_23080685.jpg
いやまだレビューではありません。

もう眠いです。
でも、書かずにはいられないことが。。。


第一に。
高いな~値段。
なんで、巻を重ねるごとに、高くなるの??

なんで、ハードカバーなの??
表紙の図柄のテイストも変えちゃったし。

こういう不統一な感じ、いまいち、理解できません。
(あくまで私個人の美意識の範疇ということで、勘弁くださいね)


第二に。
なんで、まだまだミヤマ書いているの笑?

壱巻がミヤマ特集で~弐巻がドルクスで~って感じで、
弐のミヤマはあくまで補追みたいなものだったのでは?

まあ、それで足りるともこれっぽっちも思ってはいなかったけど~当然か。

ミヤマ用に弐巻と参巻の冒頭、切っちゃうぞ~
「自炊」って奴。
だって、重いんだもん。

さて、小ネタ。

鬼深山
“オニミヤマ”

Lucanus wemckeni
のこと。

いやはや、中国の虫掲示板上だけの呼称かと思っていましたわ。
本当に、日本で言うところの「和名」みたいなもんなんだ~まじか笑
2014年に盛り上がってたんだよね~大きいの採れてたんだな。

# by Ginettino | 2017-09-27 23:15 | 日々戯言 | Comments(0)

sp. swinhoei  

d0126520_23580043.jpgLucanus swinhoei  

Taiwan
東眼山
Jun, 25, 2017

53㎜+

大手町では、二点のみ購入。

そのうちのひとつがコレ。

大陸のと見違えるほどに弧を描く見事な大顎が圧巻のヒメミヤマ。

なかなかこのサイズでいい型って選べないから、地味に嬉しかった。

北部、東眼山、というラベルもいい。




フェアに来た人は分かると思うけど、エスカレーター右側にいた台湾のグループの出品。
2個体いたうちの右の。
「コレ何ぼ?」と日本語で聞いたら、スマホをいじり出す。
価格を出すのかと思いきや、リストをチェックしていて、標本に対応する番号を探していたらしい。
で、採った時のスマホの写真をチェックして、採集日を書いてくれた。

まけてもらったし、いい買い物が出来た。
台湾のヒメって、意外に求めないからな~



# by Ginettino | 2017-09-26 00:08 | 標本考察 | Comments(0)

オーダー

d0126520_22512848.jpg
いやはや、週末明けての月曜日の夜。

標本整理にちょうどいいね。


# by Ginettino | 2017-09-25 23:05 | 日々戯言 | Comments(0)

れんの博物学ライフの覚書スペース“オペ-ルカ”. 主としてミヤマクワガタ Lucanus [Coleoptera, Lucanidae]に関することをあれこれつづってゆきます。「ミヤマは数見なきゃ語れない」


by れん
プロフィールを見る
画像一覧