Proagopertha pubicollis (Waterhouse, 1875)

Proagopertha pubicollis (Waterhouse, 1875)
d0126520_19063067.jpg

















d0126520_19075975.jpg

















d0126520_19075263.jpg

















d0126520_19074225.jpg

d0126520_19080953.jpg





# by Ginettino | 2017-04-23 19:10 | 日々戯言 | Comments(0)

モード切替...

d0126520_03593263.jpg












たまってゆく標本をせっせと整理する
米国大統領就任式の今宵。

いやはや、箱が足りない!
d0126520_03592587.jpg
# by Ginettino | 2017-01-21 04:03 | 日々戯言 | Comments(0)

sp. gamunus

黒沢良彦
「伊豆諸島特産種ミクラミヤマクワガタの系統と分布」
『国立科博専報』 No.11, Dec, 1978, pp.141-153

Y. Kurosawa
"Phylogeny and Distribution of Lucanus gamunus Sawada et Y. Watanabe (Coleoptera, Lucanidae), Endemic to the Izu Islands, Central Japan. "
National Science museum, No.11, Dec, 1978, pp.141-153

_____

パリーやラエトスを考えるとき、この黒澤先生の論文は基礎文献として重要。

中国にルーツを持つと思われるミクラミヤマクワガタが、なぜ日本の本土ではなく、伊豆諸島の小さな2 島だけにいるかということについても、中国から日本本土に入ったミクラミヤマクワガタの先祖が、八丈島近くにまで伸びていたであろう「古伊豆半島」を伝わって伊豆諸島に進入し、本土では外敵などによって滅びたが、隔離された孤島の一部でかろうじて生き延びた、という大胆な仮説が展開されたのも、本論文である。

むし社の藤田氏は、「現在と変わらぬ結論を出された黒澤氏の慧眼には驚くほかない。」と以下の論文で言及している。
______
藤田 宏
「ミクラミヤマクワガタの研究史―54 年前に発見されたクワガタムシ―」
『Mikurensis みくらしまの科学』 Vol.3, 2014, pp. 35-64

H. Fujita
"A bibliographical review on Lucanus gamunus Sawada et Watanabe, 1960 endemic to the Izu Islands -A lucanid-beetle found 54 years ago- "
Mikurensis, Vol.3, 2014, pp.35-64
 
 
PDFへのリンクはこちら。


# by Ginettino | 2016-11-06 12:02 | Refarence | Comments(0)

sp. laetus & parryi

Lucanus laetus Arrow, 1943
ラエトゥスミヤマクワガタ
Lucanus laetus n.n. Lucanus Oberthuri Planet, 1897
(nec L. Oberthuri, Planet, 1896) Arrow, 1943
: Tibet
/China (Xizang, Sichuan, Yunnan)

syn. Lucanus Oberthueri, 1897
Lucanus Oberthurei, nec Planet, 1896 Planet, 1897
: Tibet
____________________________
Lucanus parryi Boileau, 1899
パリーミヤマクワガタ
Lucanus Parryi Boileau, 1899(nec Hope 1843)
: Koua Toun (Chine meridionale)par M.de Latouche
/ S.E.China

syn. aterrimus Didier, 1929
Lucanus Parry va. aterrimus Didier, 1928-1929
: China
syn. thoracicus Didier, 1929
Lucanus Parry va. thoracicus Didier, 1928-1929
: China
d0126520_11231629.jpg
中国に分布する黄色い羽の種。
個人的に、いまいち集めていない系統です。

鞘羽まで真っ黒な黒化型がときたま見つかるのは、興味深いですね。

国産のミクラミヤマsp. gamunusとのかかわりが、かつて黒澤良彦先生によって指摘された。



# by Ginettino | 2016-11-06 11:25 | 標本考察 | Comments(0)

仏蘭西

d0126520_18493516.jpg

いやはや、ご立派!!!
もちろん野外個体。
# by Ginettino | 2016-11-03 18:45 | 日々戯言 | Comments(0)

反則的ライン

d0126520_1192290.jpg


ううむ。
想像を超える輪郭線だ。
線が繊細で、美しい。
まさに神の領域。

ちなみにアクベスはこうもなりうる可能性を秘めているのか、否なのか。
(もっか無期限で探求中。。。)


# by Ginettino | 2016-10-30 01:21 | 日々戯言 | Comments(0)

smart

d0126520_0481533.jpg

赤いのが続いたので、展足あがりの黒いのを。

いやしかし、
カッコいいよな~~~ノビリス!!!

とりあえず、顎先が開くアクベス・フォルムに目がないんです。。。

# by Ginettino | 2016-10-25 00:51 | 日々戯言 | Comments(0)

sp. fonti

d0126520_071931.jpg


浙江省Zhejiang産の中歯型。

数あるヒメミヤマ系のなかでも、印象に残るロングボディーな寸胴フォルム。
一見細いように見えるが、意外とそうでもない。
灰白色の微毛を纏ったボディは、ベトナムのヒメミヤマ系と比べたりするならば、けっこうがっしりしっかりとしているように感じる。

極大個体を見てみたいものだが、なかなか入手が叶わない。

まあ、この手の種は、産地が当たれば大量に採れることは間違いないので、気長に待ちましょうか~とはいえ、中国における環境の変化(ダム開発や緑の一掃)はあまりにも急激過ぎて、正直怖いのだけどね。


d0126520_073482.jpgメスも同様に、細長い。

# by Ginettino | 2016-10-25 00:13 | 標本考察 | Comments(0)

sp. dongi

d0126520_039101.jpgドン深山。
絞り、オーバー気味ですが、あしからず。

そこそこのサイズで、いい大アゴをお持ちの美形クン。

いろいろ見ていると、この、文字通りエッジの効いた個性に、あらためて驚嘆。。。ベトナムの山には、こんなカタチの虫が、わさわさ闊歩しているのかと!

ほえ~カッコいいな~と、思わされる「何か」が、あるんだな~正直いうと、好みのテイストではないのだけれどね(笑
d0126520_0392084.jpg


# by Ginettino | 2016-10-24 00:43 | 標本考察 | Comments(0)

山神のかたちII

d0126520_2323151.jpg
先のそれに似てる種だけどそれとはまたちょっとちがうこれ。同じ画角で。

だいぶ、ちがうね。

まさに、pseudo-なんちゃら…
# by Ginettino | 2016-10-21 23:24 | 日々戯言 | Comments(0)

れんの博物学ライフの覚書スペース“オペルカ”. 主としてミヤマクワガタ Lucanus [Coleoptera, Lucanidae]に関することをあれこれつづってゆきます。「ミヤマは数見なきゃ語れない」


by れん
プロフィールを見る
画像一覧