おれ流~標本作製 ⑤ 生展足

さて、今回は「生」展足について書いていきたいと思います。

生展足の難しさは、その、ふにゃふにゃした関節の扱い にあるといっていいでしょう。
すなわち、思い描く固定したいかたちに、なかなか定まらない!

では、はじめましょう。
〆た後、数日タッパーに密封し暗所に置いておいた個体を用います。
栃木のK氏よりお譲りいただいた、70UPのごんブトクン。フジ型強めの基本型です。
d0126520_2350441.jpg

まずは、針を鞘羽にさくっと刺します。

d0126520_23505257.jpg

そしたらば、腹部の足4本の根本を、例の短い虫ピンで固定します。
d0126520_2351236.jpg

すると、生個体なればこそあらわれる現象が。腹部が、鞘羽から下方へはみ出してくるのです。
生個体であればほとんどがこのようになるので、針を用い、鞘羽下にはみ出た腹部の「お肉」を押し込みます!
d0126520_23513715.jpg

腹部をおさめたら、順次針を打っていきます。ある程度固定できたらを用い、本体をプレート版から浮かないよう固定します。
d0126520_2352193.jpg

ココからが難しいところで、フセツの固定にはいります。
ふにゃふにゃのフセツほど、扱いにくいものはない!(lll´д`)フゥーー 
最低でも、フセツ1に対し、針「4本」は要りますね。
d0126520_2352102.jpg

また、〆た後すぐに展足しないのにはわけがあります。
【爪の開き】を待つのです。
〆たばかりの個体はたいてい、爪は閉じています。これが、死後数日経つと、筋肉の硬直が緩むと同時に乾燥して、開いてくるんです。展足する場合、自分はこの爪が開くのを確認したら着手するようにしています。

さて、次は腹部と胸部の隙間を確保するために、針(志賀針2号)を打ちます。2号以上では、隙間が大きすぎるかな~と感じていますが、それは各自の好みでいいのではないでしょうか。
d0126520_23522019.jpg

針をうったら、頭部を起こしにかかります。
ミヤマの場合、頭冠があるおかげで、首の可動範囲は水平より上を向きにくいので、この点では楽だと感じますね。
腹部と胸部の間が針2本に十分に接触し、中心線がずれないように顎先から固定してゆきます。
d0126520_23523142.jpg
そして、前足付け根⇒フセツ⇒触角というように、順に針をうってゆきます。
ココ”上半身”の固定では、もはや短い「虫ピン」の出番はありません。
志賀針を用います。


残るは、触角と口ひげの固定です。
ここに至ってはじめて、自分は長いパール針を用いて触角、および口ひげを、固定してゆきます。
d0126520_23523729.jpg


d0126520_1874180.jpg


以上で、ひとまず完了です。
さて、乾燥後、いくら縮むかな!?щ(゜ロ゜щ)
by Ginettino | 2014-09-04 00:38 | 標本作製 | Comments(0)

れんの博物学ライフの覚書スペース“オペルカ”. 主としてミヤマクワガタ Lucanus [Coleoptera, Lucanidae]に関することをあれこれつづってゆきます。「ミヤマは数見なきゃ語れない」


by れん
プロフィールを見る
画像一覧