7月のおわりに

7月も最終日。
人の世が動き出す前に、タイムアタックを敢行。

d0126520_1133362.jpg
[Papilio bianor, 烏揚羽]

「ミヤマ」じゃないけど、とても美しい。
本格的に飛翔する直前なのだろうか。


甲虫に関しては、
残念ながら、まったく感じませんでした(笑
7月半ばのような”予感”というものを。

なんだかコクワばかり・・・
ノコ&ミヤマ発生の間隙をぬって登場ということでしょうかね。
落下と同時にダッシュなコクワさんたち。素早い!

どさっと大きい落下音は、まあ、お約束ですね。
図太い・・・
d0126520_11343782.jpg
Trypoxylus dichotomus septentrionalis, 兜虫]


たまに60半ばのLucanusがパサッと舞い降りるのですが~
気持ちスレ気味です。
新鮮個体だとしても、こぶりこぶりこぶりぶり。。。
d0126520_1136375.jpg

雌も少なくはなく、ペアリングも多数見ることが出来るのですが、
大きい個体はどこにいってるのでしょう~

先日のモンスターも、「けっこう活動してたぜ」的なスレ気味でした。
連日通ってもお目にかかれなかったのに、突如として出現するわけで。

彼ら大型個体の行動範囲というものを、あれこれ想像してしまいますね。
by Ginettino | 2015-07-31 11:54 | 採集 | Comments(0)

れんの博物学ライフの覚書スペース“オペ-ルカ”. 主としてミヤマクワガタ Lucanus [Coleoptera, Lucanidae]に関することをあれこれつづってゆきます。「ミヤマは数見なきゃ語れない」


by れん
プロフィールを見る
画像一覧