sp. gamunus

黒沢良彦
「伊豆諸島特産種ミクラミヤマクワガタの系統と分布」
『国立科博専報』 No.11, Dec, 1978, pp.141-153

Y. Kurosawa
"Phylogeny and Distribution of Lucanus gamunus Sawada et Y. Watanabe (Coleoptera, Lucanidae), Endemic to the Izu Islands, Central Japan. "
National Science museum, No.11, Dec, 1978, pp.141-153

_____

パリーやラエトスを考えるとき、この黒澤先生の論文は基礎文献として重要。

中国にルーツを持つと思われるミクラミヤマクワガタが、なぜ日本の本土ではなく、伊豆諸島の小さな2 島だけにいるかということについても、中国から日本本土に入ったミクラミヤマクワガタの先祖が、八丈島近くにまで伸びていたであろう「古伊豆半島」を伝わって伊豆諸島に進入し、本土では外敵などによって滅びたが、隔離された孤島の一部でかろうじて生き延びた、という大胆な仮説が展開されたのも、本論文である。

むし社の藤田氏は、「現在と変わらぬ結論を出された黒澤氏の慧眼には驚くほかない。」と以下の論文で言及している。
______
藤田 宏
「ミクラミヤマクワガタの研究史―54 年前に発見されたクワガタムシ―」
『Mikurensis みくらしまの科学』 Vol.3, 2014, pp. 35-64

H. Fujita
"A bibliographical review on Lucanus gamunus Sawada et Watanabe, 1960 endemic to the Izu Islands -A lucanid-beetle found 54 years ago- "
Mikurensis, Vol.3, 2014, pp.35-64
 
 
PDFへのリンクはこちら。


by Ginettino | 2016-11-06 12:02 | Refarence | Comments(0)

れんの博物学ライフの覚書スペース“オペルカ”. 主としてミヤマクワガタ Lucanus [Coleoptera, Lucanidae]に関することをあれこれつづってゆきます。「ミヤマは数見なきゃ語れない」


by れん
プロフィールを見る
画像一覧