<   2008年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

Hayashi, 1987

d0126520_526859.jpg
林長閑 
『日本の昆虫⑧ ミヤマクワガタ』
文一総合出版, 1987

ミヤマクワガタ (日本の昆虫)

林 長閑 / 文一総合出版


我が国において、唯一のミヤマクワガタのモノグラフ。

子供向けのような薄っぺらい小冊子だが、中に詰められた情報はかなり有益。
未だに色褪せない、素晴らしい専門書である。 


―目次―
1 種名の由来 学名/和名/海外での呼び名
2 研究史 外国人による研究/外国における研究/日本における研究/戦後の研究/台湾産ミヤマクワガタ属の研究/近年の研究
3 分布 日本産ミヤマクワガタ属/ミヤマクワガタの分布/幼虫のすみわけ/ミクラミヤマクワガタの分布論
4 形態 成虫/体長/大あごの進化/大あごと体長の相関/性モザイク/卵/幼虫/幼虫による性の判別/蛹
5 生態 成虫/交尾/異種間の交尾/産卵/卵/孵化/幼虫/幼虫の行動/蛹化/卵から成虫までの期間
6 食性 成虫の食性/共食い/幼虫の食性/消化管と消化
7 天敵
8 ヒトとミヤマクワガタ
9 飼育 成虫の飼育/幼虫の飼育
10 参考文献
あとがき






by Ginettino | 2008-06-24 03:23 | Refarence | Comments(0)

Suzumura, 2004 +@

d0126520_3235659.jpg 鈴村勝彦
「大図鑑にないクワガタムシ その2」
『月刊むし』No.402, Aug.2004
pp.2-13.


以下、掲載のLucanusを挙げる。

ケーレイやイミテーターなど土地柄あまり入らないミヤマの姿を拝める貴重な一本である。



Lucanus kerleyi Boucher, 1994 ケーレイミヤマ
Lucanus imitator Boucher et Huang, 1991 イミタトォールミヤマ
Lucanus victorius Zilioli, 2002 ビクトリウスミヤマ
Lucanus sericeus ohbayashii Nagai et Tsukamoto, 2003 セリケウスミヤマ・ラオス亜種
Lucanus hildegardae Zilioli, 2002 ヒルデガルダミヤマ
Lucanus furcifer Arrow, 1950 フルキフェルミヤマ
Lucanus aungsani Zilioli, 1999 アングサンミヤマ
Lucanus adelmae Zilioli, 2003 アデルマミヤマ
Lucanus maedai Nagai et Tsukamoto, 2003 マエダミヤマ
Lucanus satoi Nagai st Tsukamoto, 2003 サトウミヤマ
Lucanus fairmairei Planet, 1897 フェアーメイルミヤマ


また、同号に掲載されている藤田氏のレポートからもLucanusを。
____________________________
藤田宏
「中国広東省北部のクワガタムシ」
『月刊むし』No.402, Aug.2004
pp.66-67.


ここで特異な2種が掲載されている。

===
Lucanus klapperichi Bomans, 1989 
 クラッペリッチミヤマ
Lucanus sp. 
 ヒメミヤマの一種
  ⇒体色が赤く、大顎基部の内歯(第一歯)が発達しない。




by Ginettino | 2008-06-21 01:09 | Refarence | Comments(0)

Fujita, 2003

d0126520_3265259.jpg 藤田宏
「大図鑑にないクワガタムシ その1」
『月刊むし』No.390, Aug.2003, pp.2-17.


クワガタ熱の加速とともに、Lucanus属の研究の進展・新種の発見も相まって、ここで改めて図示されたニューフェイスたち。





以下、掲載されたLucanusを列挙する。

Lucanus denticulus (Boucher, 1995) デンテクルスニセミヤマ
Lucanus manai Bomans et Miyashita, 1997 マナミヤマ
Lucanus nosei Nagai, 2000 ノセミヤマ
Lucanus cervus judaicus Planet, 1902 ジュダイクスミヤマ
Lucanus cantori colasi Lacroix, 1967 カンターミヤマ・アッサム亜種
Lucanus tibetanus isaki Nagai, 2000 チベットミヤマ・ミャンマー亜種
Lucanus lesnei (Planet, 1905) レスネミヤマ
Lucanus nangsarae Nagai, 2000 ナンサーミヤマ
Lucanus hayashi Nagai, 2000 ハヤシミヤマ
Lucanus kraatzi giangae H.Ikeda, 1997 クラーツミヤマ・ベトナム亜種
Lucanus fujitai Katsura, 2002 フジタミヤマ
Lucanus kurosawai Sakaino, 1995 ホウライミヤマ
Lucanus kirchneri Zilioli, 1999 キルクネルミヤマ
Lucanus szetschuanicus lati Nagai, 2000 シセンミヤマ・ミャンマー亜種
Lucanus tsukamotoi Nagai, 2002 ツカモトミヤマ
Lucanus fukinukiae Katsura, 2002 サパヒメミヤマ




by Ginettino | 2008-06-21 01:00 | Refarence | Comments(0)

Katsura, 2002

d0126520_3304327.jpg 葛信彦,Doan Lan Giang
 「ベトナム北部産ミヤマクワガタ属について」
 『月刊むし』 No.378, Aug.2002, pp.2-14.


N. Katsura, Doan Lan Giang
"Notes on the genus Lucanus (Coleoptera, Lucanidae) from northern Vietnam with description of two new species" in Gekkan- Mushi, No. 378, pp.2-14, Aug. 2002

お世話になっている標本商の葛氏によるLucanusに関する論文。
氏のベトナムにおける成果が盛り込まれた、まばゆく輝く、秀抜な一本。

目が血走るくらい充実のラインナップをみせる標本プレート。
新種記載を含む充実の内容は、Lucanus研究における金字塔だ。

たとえば、よく似たベトナム「ヒメミヤマ」3種の比較検討。
その結果、Lucanus kazumiae Zilioli, 1998は、sp. pulchellus のシノニムとされた。
「分類学」の面白みの一端を、ここに垣間見ることができる。

d0126520_3305658.jpg
そして、ここで初めて図示されたフジタミヤマ
写真の彼は、この後、再三焼き増し登場することとなる。
そのシルエットは、クワガタファンの脳裏に焼きついたことだろう・・・。

未記載の一種sp. キイロホソミヤマの写真などは、ムネキュンものだ。

以下に、ここで紹介された13種を列挙したい。



1) Lucanus tibetanus katsurai Mizunuma, 1994 チベットミヤマ
2) Lucanus sericeus Didier, 1925 セリケウスミヤマ
3) Lucanus laminifer vitalisi Pouillaue, 1913 ラミニフェルミヤマ・ビタリス
4) Lucanus planeti Planet, 1899 プラネットミヤマ
5) Lucanus angusticornis Didier, 1925 アングスティコルニスミヤマ
6) Lucanus kraatzi giangae Ikeda, 1997 クラーツミヤマ
7) Lucanus nobilis Didier, 1925 ノビリスミヤマ
8) Lucanus fukinukiae sp. nov. サパヒメミヤマ
9) Lucanus cyclommatoides Didier, 1928 ホソアカミヤマ
10) Lucanus sp. キイロホソミヤマ
11) Lucanus fujitai sp. nov. フジタミヤマ
12) Lucanus pulchellus Didier, 1925 カオバンヒメミヤマ
13) Lucanus pesarini Zilioli, 1998 タムダオヒメミヤマ



by Ginettino | 2008-06-21 00:49 | Refarence | Comments(0)

Araya, 2001

d0126520_318188.jpg荒谷邦雄
「ヨーロッパ主要博物館所蔵のアジア産
ミヤマクワガタ属のタイプ標本(1)」


『月刊むし』No.362, Apr.2001, pp.8-22


K. Araya
"Notes on some type specimens of the genus Lucanus (Coleoptera, Lucanidae) from Asia stored in Several European Museum (1)" in Gekkan-Mushi, No.362, Apr. 2001


欧州の博物館に所蔵されたTYPE標本を取り上げた意義ある論文。


学名のアルファベット順に取り上げられているが、
ここでは、【所蔵博物館】⇒【記載者名】ごとに整理してみた。


パリ自然史博物館 Museum National d'Historie Naturelle, Paris

Lucanus davidis (Deyrolle, 1878) ♂/♀ ダヴィディスミヤマ

Lucanus oberthueri (Planet, 1896) ♂ オーベルチュールミヤマ
Lucanus groulti (Planet, 1897) ♂/♀ グロールミヤマ
Lucanus lesnei (Planet, 1905) ♂ レスネミヤマ
Lucanus didier Planet, 1927 ♂ ディディエルミヤマ

Lucanus fryi Boileau, 1911 ♂ フライミヤマ

Lucanus angusticornis Didier, 1925 ♂/♀ アングスティコルニスミヤマ
Lucanus camnodiensis Didier, 1925 ♀______?(ノビリスミヤマ)
Lucanus formosus Didier, 1925 ♂/♀ フォルモサスミヤマ
Lucanus pulchellus Didier, 1925 ♂/♀ プルケルス[カオバンヒメ]ミヤマ
Lucanus sericeus Didier, 1925 ♂/♀ セリケウスミヤマ
Lucanus speciosus Didier, 1925 ♂/♀ ______?(ノビリスミヤマ)
Lucanus jeanvoinei Didier, 1927 2♂ ______?(ノビリスミヤマ)
Lucanus cyclommatoides Didier, 1928 ♂/♀ キクロマトイデスミヤマ
Lucanus laevigatus Didier, 1931 ♀ ______?(フォーチュンミヤマ)

Lucanus szetschuanicus Hanus, 1932 ♀ シセンミヤマ

Lucanus bruanti Lacroix, 1973 ♂______??
Lucanus wittmeri (Lacroix, 1983) ♂ ウィットマーミヤマ

Lucanus confusus (Boucher, 1991) ♂ コンフサスミヤマ
Lucanus denticulus (Boucher, 1995) ♀ デンテクルスニセミヤマ
Lucanus deuveianus Boucher, 1998 ♂ デューベイアヌスミヤマ
Lucanus ludivinae Boucher, 1998 ♂ ルディヴィナエミヤマ


ジュネーブ自然史博物館 
Museum d'historie naturelle, Geneva

Lucanus delavayi Fairmaire, 1887 ♂ デラバイミヤマ
Lucanus hermani De Lisle, 1973 ♂/♀ ヘルマンミヤマ
Lucanus ritae Lacroix, 1984 2♂ _____ダイトンヒメミヤマ♂


オックスフォード大学自然史博物館 
Oxford University Museum of Natural History, Oxford

Lucanus atratus Hope et Westwood, 1831 ♂ アトラトスミヤマ
Lucanus cantori Hope, 1842 ♂ カンターミヤマ
Lucanus lunufer Hope, 1839 ♂ ルニフェルミヤマ
Lucanus mearesii Hope, 1842 ♂ メアレーミヤマ
Lucanus nigripes Hope et Westwood, 1845 ♀ ____メアレーミヤマ♀
Lucanus rugifrons Hope et Westwood, 1845 ♀ ____ルニフェルミヤマ♀
Lucanus westermanni Hope et Westwood, 1845 ♂ ____ウェスターマンミヤマ


王立ライデン自然史博物館 
National Natuurhistorisch Museum, Leiden


Lucanus sericans Vollenhoven, 1861 ♂ ____国産ミヤマ♂



by Ginettino | 2008-06-21 00:43 | Refarence | Comments(0)

sp. tetraodon@ROMA

d0126520_1254791.jpgLazio(Roma)
Tivoli
13/VII/1999
M&D. Gigli leg.

43mm

ローマ近郊ティヴォリのテトラオドン。

d0126520_1163626.jpg


by Ginettino | 2008-06-14 01:12 | 標本考察 | Comments(0)

sp. cervus @BASK

d0126520_0401220.jpg

Urgull, Donostia
Gibuzkoa
BASQUE country
12/08/95

52mm



by Ginettino | 2008-06-14 00:39 | 標本考察 | Comments(0)

sp. cervus @BASK

d0126520_036541.jpgArrazua, Bizkaia
BASK country
14/09/1994

46mm

スペインはバスク地方のラベルの個体。

by Ginettino | 2008-06-14 00:36 | 標本考察 | Comments(0)

sp.

d0126520_314559.jpg Lucanus cervus
 ssp. turcicus
??

 ES. Ztergon
 N. HUNGARY
 Jun/ 2000

 55mm

d0126520_322164.jpg ハンガリーの触覚片状部6節の個体。

 こういうのがいるからこの趣味は止められない。
 6節の個体の分布域にいっそう興味がかきたてられる。。。


by Ginettino | 2008-06-13 03:22 | 標本考察 | Comments(0)

sp. prossi

d0126520_23475545.jpg
Chudu Raji 2800m
Kachin, Myanmar
Aug/2006

63mm

なかなか良い個体がいないprossi だが、うねる大顎がポイントの良型。

この種のような“シセンミヤマ系統”は、個体変異に富んでいて良いカタチの個体に出会うのは難しい。


しかしながら、先にあげた個体とは、「大顎の質感」や「体のつくり」に少々ニュアンスの違いを感じざるをえない。

Lucanus szetschuanicus
ssp. lati
Nagai, 2000


シセンミヤマ亜種とされたssp. latiは、
sp. prossiと考えられたようだが・・・一つの名ではくくり切れない可能性が感じられる。


by Ginettino | 2008-06-13 01:46 | 標本考察 | Comments(0)

れんの博物学ライフの覚書スペース“オペルカ”. 主としてミヤマクワガタ Lucanus [Coleoptera, Lucanidae]に関することをあれこれつづってゆきます。「ミヤマは数見なきゃ語れない」


by れん
プロフィールを見る
画像一覧