<   2011年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

好奇心

今シーズンは、どこも順調に、
いやいや「変わらずに」ミヤマは発生しているようです。

今季は、ギリシアルートをば。


d0126520_2142680.jpg



山盛り。

以前、ギリシア沿岸部の生き虫が多数入ったのは2004年。
つい最近の気がするけれども、
もうだいぶ前なんですねぇ。

沿岸部では触覚が4節から6節までヴァリエーションが多く見うけられました。
ですが、この傾向は、あのラベル、
あるいはその沿岸部近辺にとりわけ顕著だったのでは??と、推測されます。
(ある程度数を見た私見です)

今季のは内陸のものですが、
5節が数頭混じるのみで、そのほとんどは4節。


まあ、触覚が変動するのは一瞬奇妙に思えますが、
これらは「型」とみなして、間違いないかと思います。
cervusの風貌の限りはですが。。。

そんな似たものでも、
トルコ/ブルガリア国境付近のは、6節固定化(4節は稀)傾向。

ssp. turcicus

これ、cervusを語る上で、非常にクセモノといえます。
(個人的に分類上でこの名前消したいくらい、
あるいは事実上のトルコ代表アクベスに譲りたい)
原記載以降の研究における本亜種の扱いは、とてもまっとうとは言えません。
誰も顧みませんが…


ちなみに、欧州では、
ギリシアやブルガリアのは4節6節関係なく、
「トルキクス」と言われます^^;
by Ginettino | 2011-06-28 02:23 | 日々戯言 | Comments(0)

標本箱の収納

標本をやられている方は、必ずというほど考えることになろうであろう、
標本箱の収納問題。

d0126520_22111917.jpg

自分は、大箱のみ
10と22の収納庫
+クローゼットに縦入れで数十という現状。


しかし、思うのは、
中の虫だって高価であるのに、
「ドイツ箱」だって海外のに比べれば工芸品クラスのはずなのに、

それらを収納する収蔵庫は、合板・・・

ここに自分は一抹の寂しさを覚えて仕方ありません。

日本ほど虫標本愛好家が多い国は珍しいのですから、
収蔵庫にももう少しお金がかかってもいいのでは??などと思ってしまうわけです。


やはりスペースに合わせて収納せざるを得ない日本の住宅事情の現実、
そして製品を作ったとしても需要が見込めないことも理由になるのでしょう。

しかし、フルオーダーせずに、
市販の収蔵庫でも、
カッコよく贅沢なかんじを味わいたいと思うのは、
自分だけでしょうか??

イギリスにこんな素敵なサイト見つけました。
Chadwick End Cabinets

いいですよね~

しかし、「海外発送しない」とのこと。。。ざんねん。

by Ginettino | 2011-06-07 22:42 | 日々戯言 | Comments(2)

ルール

ええ、

“極私的”なブログということで、いろいろと深山関係をメモってまいりましたが、

このたび、「人の雑誌の表紙勝手に使ってんじゃね~」と、はるばる独逸から苦情が来ました。

ウェブ上の著作権のルールですので、そちらの要望に対応いたします。
ご了承ください。

設定上、「非公開」設定で、こじんまりとやってるつもりなのですが、
意外にも、海外でも見られてるのだろうか~

それに、苦情をくれた彼には、
このサイトが自分のだってことを紹介してないんですけど。

なんで直でメールきたのかは、、、謎。
狭い世界ってことが実証されているわけでしょうか(笑


追記:

最新号の5において、トルコのブシグニーミヤマについて、
「2010年に新たに発見された云々」と書いているらしく、
その経緯で、我がサイトが参照され、あーだこーだ議論になった模様。

ちなみに、トルコのルートからはブシグニーは、
最初韓国のディーラーを通じて、2009年よりもたらされていたことを記しておきたいと思います。

雑誌で発表することが一定のプライオリティーを持つのは明らかだし、
実名をさらしていない私的なブログは、
参考資料、情報源としての役割を果たすものでないかもしれない。
こういうのは、どんな分野でも発表したもの「勝ち」。

けれども、どうやって個人情報を知ったのかの前置きもなく、
画像掲載に対する非難、かつリンクの強制を上から目線で求める物言いはどうしたものか、と思うわけです。
まあ、ネイティヴでない、ツールとして英語を使う者どうしですから、
うまく対処すればいいことなんですけどねぇ。

そろそろ公式に虫記事デビューを検討しようかな~と思わされた次第。
by Ginettino | 2011-06-05 01:41 | 日々戯言 | Comments(0)

れんの博物学ライフの覚書スペース“オペルカ”. 主としてミヤマクワガタ Lucanus [Coleoptera, Lucanidae]に関することをあれこれつづってゆきます。「ミヤマは数見なきゃ語れない」


by れん
プロフィールを見る
画像一覧