<   2015年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

マクロフィルス 羽化

2014年にKapiさんより賜った数匹の幼虫。
セラーのなかで熟成させていました。

ふと見ると、ボトル側面にオスの顔を確認!
ひとつだけ、割り出しを決行しました~
d0126520_66622.jpg
おお!!!ちゃんと固まっとる!
黒いボディが現れました。

この子、マットが合わないのか、蓋付近にばかりいて潜らなかったんですよね。
なので、案の定ボトルの上のほうで羽化したようです。
生オガ発酵マット800ボトル、管理温度は17℃前後で推移。

何はともあれ、無事の羽化に拍手~☆(・ω・ノノ゙☆パチパチ
d0126520_662243.jpg
いや~しかし、
このまあるいフォルム、
そして黒い質感。
好きです。大好きです。
鞘羽にはツヤがありません。
むしろ、つや消しマット。なかなかにかっこいいです。
まさにバルバロッサとは対照的ですね。

頭下げて威嚇して固まってる様子も、丸カッコいい。。。
ミヤマって種によってけっこう動きの仕草が異なるけれど、
これら丸系ミヤマの動きはかわいいなと思います。

気持ち、標本個体と微妙に異なる気がするのですが、
ま、単にサイズの問題かもしれません。
後食し出したら、じっくり観察することにしましょう。

しかしブリード個体、圧倒的にでかいです!
やはりブリードだと、50ライン突破が目標かな。
テトラオドンにしても欧州の小型ミヤマは、ブリードに向いてますね。
その種その個体が元来もつポテンシャルが、のびのび発揮されるように思います。
野外の亡骸ばかりを検しているので、そんなことをひしひしと感じる次第です。

d0126520_663152.jpg
そして、マクロフィルス細大の特徴。
チャーミングな触角。
融合部分も無く、キレイに羽化してくれました。

まだ数匹いるのですが、中ですでに羽化しているのでしょうか。
セオリーどおり、外側からはうかがうことはできません。
唯一うかがえるのは下の個体。まだまだ幼虫やってます。
d0126520_664297.jpg
結構大きい気がするのですけど~
ま、分かりませんね。
by Ginettino | 2015-09-26 06:35 | 生体考察 | Comments(0)

ブリード経過 その2

バルバロッサ、生きてました。
d0126520_17364865.jpg

ええ、常温管理の部において、辛うじて、11頭幼虫の生存を確認。
あれ、常温にまわした幼虫って何匹いたんだっけ・・・(汗


いずれにしても、テトラオドンがみな成虫になった状況に対して、
バルちゃんたちは、未だ幼虫をやっているという・・・。
非常に興味深いですね。

スペインが基産地のバルちゃん、
対岸のアフリカ大陸にも分布することからも、灼熱の気候にさらされることへ耐性があるということなのでしょうか。それよりも、昼夜の気温差が大きい環境に、適応しているといったほうがよい??

あるいは、そのような適正があるうえで、
成虫になることを急がない性質なのでしょうか。

実に面白い。

いろいろ考えてみたいと思いますφ(・ω・ )

常温組を整理しながら、
・国産ミヤマ
・クラーツ原名亜種

をセットしてみました。

ビルの北側の階段という、半野外の環境でどうなるか実験です。

クラーツ♀は、うろうろすることなく、潜っていきました。
暑くはないようです。
まあ、仙台はこの時期から寒いくらいに涼しくなるので、
採れたら御の字という感じですね~。
by Ginettino | 2015-09-16 17:29 | 生体考察 | Comments(0)

むしオークション

d0126520_504728.jpg
コレクションより、むしオークションに出品しました。

早いもので、もう大手町フェアですね~
今年もまた、行けるか微妙なところ。
by Ginettino | 2015-09-14 05:07 | 日々戯言 | Comments(0)

ブリード経過 その1

d0126520_5155536.jpg
過酷な夏を、常温で乗り越え、羽化した精鋭たち!

テトラオドン・シチリア亜種。

本当に、かの駐屯地はエアコンなしの環境で、よくぞ・・・。
この夏の猛暑を鑑みると、生き残った彼らシチリア亜種の生命力の強さを感じずにはいられない。
およそ一年、ボトル交換してないし!
温度の積算は、彼らを一年で羽化させた。

同時に、
はかなく散ってしまった同志たちを忘れるわけにはいかない。

蛹室までは作ったが、その中で高温に耐え切れず力尽きた個体が、あまりに多かった。合掌。。。。。( -人-)

尊い彼らの犠牲の上で得られた貴重なデータを、
無駄にはしない。
d0126520_51645.jpg


まだ、常温環境のものはあるのだが、残りはどうだろう。

バルバロッサは大丈夫であろうか。
昨日の感じでは、羽化してそうな気配は、なかった。。。(○0Д0)…。

テトラオドンより、成長速度は遅いのか?!
それとも、バルちゃん常温部隊は、全滅なのか・・・??
はたして。。。

d0126520_5591066.jpg

一方、セラー選抜隊は、平穏に過ごしている模様。
変わらすに幼虫のまま。

2回目のマット交換はすべきなのか、どうなのか。

蛹化はいつごろになるのだろう・・・

まだまだ手探りだ。
by Ginettino | 2015-09-14 00:09 | 生体考察 | Comments(0)

クラーツ原名亜種

Lucanus kraatzi Nagel, 1926
Sichuan, CHINA
d0126520_1871953.jpg
ピッカピカの原名亜種。へら状の顎先が個性的。 
d0126520_1872963.jpg
d0126520_1874566.jpg
d0126520_1873731.jpg
すらりと伸長する大顎のライン。野外個体ならではの美しさ。
d0126520_1875652.jpg

♀、セットしてみますかね。
by Ginettino | 2015-09-09 18:08 | 日々戯言 | Comments(0)

四川深山

おなじみの四川深山。
d0126520_154966.jpg

この種群は古くから知られているけれど、実際、どこまで知られているだろう。
個人的に非常に興味を持っています。
d0126520_15492189.jpg
ここであらためて省察するわけではないけれど、この種のカタチ、毛の具合、質感、けっこう特異に思って数を集めております。
中国の奥地は、底知れませんね~
同じ四川つながりで。
d0126520_1558028.jpg

Ailurus fulgens fulgens F. Cuvier, 1825
Ailurus fulgens styani Thomas, 1902
小熊猫、xiǎoxióngmāo
レッサーパンダ、もといアカパンダ、大好きです。
by Ginettino | 2015-09-05 16:00 | 日々戯言 | Comments(0)

晴れ間

d0126520_12494470.jpg
@Yūrakuchō, TOKYO
by Ginettino | 2015-09-02 12:52 | 日々戯言 | Comments(0)

Stocks

みなさん、お元気でしょうか??

仙台は雨が止みません。気分はどんよりです。

そして、作業デスクの下、縦置きにした標本箱たちを覆い隠すほどに、うずたかく積まれたブツをみて、さら~に気分はどんよりです。
d0126520_226299.jpg


私、基本、入手した標本は即展足する主義です。
これまでも、そして、これからもそう、だったはずなのですが、、、

ついに 処置が追いつかない状況 に
陥ってしまいましたo(゚Д゚`;o)≡(o;´゚Д゚)o

よく、諸先輩方がおっしゃられていましたっけ。

仕事に、家庭に、となると、やはりなかなか手がつけられなくなるのですね。

いやはや、ひしひしと実感しております。

現地パッキングから標本を取り出し、下処理するも、
軟化までは及ばず、とりあえずタッパーに並べるだけでお腹いっぱい。
d0126520_2294853.jpg

どうするよ、コレ。。。





いや、気合でやるんですけど。
ω-;)。o0
by Ginettino | 2015-09-02 02:31 | Comments(0)

れんの博物学ライフの覚書スペース“オペ-ルカ”. 主としてミヤマクワガタ Lucanus [Coleoptera, Lucanidae]に関することをあれこれつづってゆきます。「ミヤマは数見なきゃ語れない」


by れん
プロフィールを見る
画像一覧