学名List@ JAPAN

日本
Lucanus ferriei Planet, 1898
アマミミヤマクワガタ
Lucanus Ferriei Planet, 1898
 : Iles Lieou-k'ieou
 /Japan (Amami-ōshima Is.)

________________________________________
Lucanus gamunus Sawada et Watanabe, 1960
ミクラミヤマクワガタ
Lucanus gamunus Sawada and Watanabe, 1960
 : Japan, Mikura-jima, Kawada

________________________________________
Lucanus maculifemoratus Motschulsky, 1861
ミヤマクワガタ
Lucanus maculifemoratus Motschulsky, 1861
 : Japonia
 /Japan

syn. cantori Motschulusky, 1860
Lucanus Cantori, nec Hope, 1842 Motschulsky, 1860
 : Japon
syn. sericans Vollenhoven, 1861
Lucanus sericans Vollenhoven, 1861
 : Java
syn. hopei Parry, 1862
Lucanus Hopei Parry, 1862: India or.aut Arch. Malay
syn. elegans Planet, 1898
Lucanus maculifemoratus va. elegans Planet, 1898
 : Yeso
syn. montivagus Mollenkamp, 1912
Lucanus montivagus Mollenkamp, 1912
 : S.O.Borneo
syn. validus Mollenkamp, 1912
Lucanus validus Mollenkamp, 1912
 : Borneo?
syn. balachowskyi Lacroix, 1968
Lucanus balachowskyi Lacroix, 1968
 : Japon, Kyu-Shu (Satzuma), Mukoda env.


ssp. adachii Tsukawaki, 1995
イズミヤマクワガタ
Lucanus maclifemoratus ssp. adachii Tsukawaki, 1995
 : Japan, Izu Is
# by Ginettino | 2007-09-17 05:03 | 学名List | Comments(0)

学名List Lucanus tetraodon

Lucanus tetraodon Thunberg, 1806
テトラオドンミヤマクワガタ
Lucanus tetraodon Thunberg, 1806
 : Italia
 / C.and S.Italy, Sicily, Balkan Peninsula,France, Corsica, Algeria

Lucanus bidens Thunberg, 1806
 : Italia
Lucanus impressus Thunberg, 1806
 : Italia
Lucanus barbarossa Burmeister, 1847
nec Fabricius,1801
 : "von Italien bis zum Ararat"
Lucanus barbarossa Costa, 1853
nec Fabricius, 1801
 : italia

Lucanus serraticornis Fairnaire, 1859
 : Sicilia
Lucanus sicilianus Planet, 1899
 : Sicilia

Lucanus corsicus Planet, 1899
 : Bastia

Lucanus tetraodon ssp. provincialis Colas, 1949
 : France, Var, for. deJanas
# by Ginettino | 2007-09-16 04:35 | 学名List | Comments(0)

学名List Lucanus ibericus

Lucanus ibericus Motschulusky, 1845
イベリクスミヤマクワガタ
Lucanus ibericus Motschulsky, 1845
 :Georgia
 /Caucasus, Transcaucasus, Iran, Trans-caspia, Asia Minor,
Balkan, Peninsila

Lucanus curtulus Motschulsky,1845
 : Caucasus
Lucanus barbarossa Burmeister, 1847
nec Fabricius 1801
 : Graecia
Lucanus tetraodon Duval, 1859
nec Thunberg, 1806
 : Caucase

Lucanus macrophyllus Kraatz, 1860
 : Asia minor, Caramania
/Turky(Antalya, Dayras Dag,Taurua Cilic.), Anatolia

Lucanus curtulus vor. orientalis Kraatz, 1860
 : Caucasus

Lucanus intermedius Motschulsky, 1870
 : Armenia
Lucanus piger Motschulsky, 1870
 : Tiflis
Lucanus subvelutinus Motschulsky, 1870
 : Perse spt./Anatolia, Iran

Lucanus syriacus Motschulsky, 1870
 : Syria

Lucanus tenebrosus Motschulsky, 1870
 : Lenkoran
Lucanus ibericus caspica Semenow, 1901
 : Georgie

Pseudolucanus busignyi Planet, 1909
 : Asie mineure

Lucanus ibericus ravasinii Schatzmayr, 1923
 : Albania
# by Ginettino | 2007-09-16 04:29 | 学名List | Comments(0)

学名List Lucanus cervus

Lucanus cervus (Linnaeus, 1758)
ヨーロッパミヤマクワガタ
Scarabaeus Cervus Linnaeus, 1758
 : [TL]Europae
 / from N and W Europae to Asia Minor, Turkeystan

レファレンスに挙げた文献を参考に従ってとりあえずまとめたが、必ずしも個人的な考え方に基づいた分類を反映するものではないことを明記しておく。
すっきり分類したいな~~~ロマンだ。

---------------------------------------------------
syn. capreolus Fuessly, 1775
nec Linne 1764 Fuessly, 1775
 : [TL]Suecia
syn. capreolus Sulzer, 1776
nec Linne 1764 Sulzer, 1776
 : [TL]Europ. centr. et sept.
syn. dorcas Muller, 1776
Lucanus dorcas Muller, 1776
 : [TL]Germania
syn. capra Olivier, 1789
Lucanus capre Olivier, 1789
 : [TL]Gallia
syn. hircus Herbst, 1790
Lucanus Hircus Herbst, 1790
 : [TL]Italia
syn. armiger Herbst, 1790
Lucanus armigerv(gynandromorphism) Herbst, 1790
 : [TL]Europa
syn. inermis Marsham, 1802
Lucanus cervus inermis Marsham, 1802
 : [TL]Anglia
syn. grandis Haworth, 1807
Lucanus cervus grandis Haworth, 1807
 : [TL]Anglia
ssp. pontbrianti Mulsant, 1839
Hexaphyllus Pontbrianti Mulsanti, 1839
 : [TL]env. Lyon/France
syn. microcephalus Mulsant, 1842
Lucanus microcephalus Mulsant, 1842
 : [TL]Eur. centr. et sept
ssp. turcicus Sturm, 1843
Lucanus turcicus Sturm, 1843
 : [TL]Turcia, Asia minor/Bulgaria, Grecia
syn. vicinus Hope et Westwood, 1845
Lucanus vicinus Hope et Westwood, 1845
 : [TL]India, Poonah, ♀
syn. lusitanicus Hope et Westwood, 1845
Lucanus lusitanicus Hope et Westwood, 1845
 : [TL]Lusitania
ssp. maxillaris Motschulsky, 1845 
Lucanus maxillaris Motschulsky, 1845
 : [TL]Crimea
syn. tauricus Motschulsky, 1845
Lucanus tauricus Motschulsky, 1845
 : [TL]Crimea
syn. major Burmeister, 1847
Lucanus major Burmeister, 1847
 : [TL]undefined
ssp. pentaphyllus Reiche, 1853
Lucanus pentaphyllus Reiche, 1853
 : [TL]Gallia mer
ssp. fabianii Mulsant et Godert, 1855
Lucanus fabianii Mulsant et Godert, 1855
 : [TL]Lyon/France
ssp. laticornis Deyrolle, 1864
Lucanus laticornis Deyrolle, 1864
 : [TL] Syria, Ararat/Antoria
syn. heptaphyllus Abeille de Perrin, 1867
Lucanus cervus heptaphyllus Abeille de Perrin, 1867
 : [TL] Marseille
syn. reichei Motschulsky, 1870
Lucanus Reichei Motschulsky, 1870
 : [TL] Toulouse
syn. brevicollis Motschulsky, 1870
Lucanus cervus var. brevicollis Mostchulsky, 1870
 : [TL] Russia., Voronege
syn. europaeus Motschulsky, 1870
Lucanus cervus var. europaeus Motschulsky, 1870
 : [TL] Russia., Kharkov
syn. antennatus Rey, 1890
Lucanus cervus var. antennatus Rey, 1890
ssp. akbesianus Planet, 1896
Lucanus cervus var. akbesianus Planet, 1896
 : [TL] d'Akbes,/ Syria
syn. poujadei Planet, 1897
Lucanus cervus var. poujadei Planet, 1897
 : [TL] Kurdistan
syn. syriacus Planet, 1897
Lucanus cervus var. syriaca, nec Motsch, Planet, 1897
 : [TL] Syria
syn. longipennis Von Rothenburg, 1900
Lucanus cervus var. longipennis Von Rothenburg, 1900
ssp. judaicus Planet, 1902
Lucanus cervus var. judaicus Planet, 1902
 : [TL]Syrie, Taurus, Aintioche de Taurie, Ain Tab /Turky
syn. microcephalus Seabra, 1905
nec Mulsant 1842 Seabra, 1905
 : [TL]Portugal
syn. capitalis Mollenkamp, 1910
Lucanus cervus var. capitalis Mollenkamp, 1910
syn. ornatus Bermau, 1929
Lucanus cervus ab. ornatus Bermau, 1929
 : [TL]Bohemia
syn. nigrinus Marcu, 1931
Lucanus cervus ab. nigrinus Marcu, 1931
 : [TL] Romania,/ Moldavia
syn. hexaphyllus Didier et Seguy, 1953
Lucanus cervus capreolus hexaphyllus Didier et Seguy, 1953
 : [TL]France merid
syn. smyrniacus Didier et Seguy, 1953
Lucanus cervus var. smyrniacus Didier et Seguy, 1953
 : [TL]Asia Monor, Smyna
syn. motschulsky Benesh, 1960
n.n.L.cervus ssp. Turcicus. ab. syriacus planet, Benesh, 1960
syn. scapulodonta Weinreiche, 1963
Lucanus cervus f. scapulodonta Weinreiche, 1963
 : [TL]Germ., Wetzlar/ Watzlar Lahn
ssp. mediadonta Lacroix, 1978
Lucanus cervus ssp. mediadonta Lacroix, 1978
 : [TL]Georgia


[TL]: Type locality 基産地
# by Ginettino | 2007-09-16 02:50 | 学名List | Comments(0)

おれ流~標本作製 ① 道具編

急に思い立ち、自分なりの標本作製の過程を解説していきたい。
深山鍬形Lucanus (以下ミヤマ)の標本ばかりを扱ってきた経験で習得(?)した、
自己流のミヤマ専門標本作製だが、標本に興味ある方の何らかの役に立てば幸いである。

ちなみにクワガタ全般に関するものは、以下を参照。
くわがた狂の大馬鹿者達@実用講座

今回は道具紹介。標本を作る際に用いる必要なものをあげる。

まずは、標本に付き物の「針」だ。
標本針d0126520_1161865.jpg
虫に刺す針である。展足にも用いる。
図中上、ステンレス製のシガ有頭針を使うのが一般的だ。私は主に1、2、3号を使用する。(00号が最も細く、0号→6号と順に太くなる。 )

それから、海外製の標本針もある。シガ有頭針に比べて固く、甲虫の背中に刺すとき、さくっと容易に刺せる。黒い針身に金のヘッドが高級感を与える。



文房具のピンd0126520_1110817.jpg
大概の文房具売り場の画鋲コーナーに置いてある、ピン。
私は展足時、胴などの基本軸がぶれないように数本使用。パールピン(裁縫の留針)でも良いが、そのヘッドの丸い部分で空間がつぶされてしまい、針を打つのにいまいち使いづらい。

文房具ピンは短いので、長い標本針の邪魔にならずに展足が可能だ。



そして標本を仮止めし、形を整えるための台。

プレート板
d0126520_11104156.jpg

東急ハンズなどの大型文具売り場で入手可能。画用紙サイズで、厚さはさまざまおいてある。

これは7mmのものでこれを使用している。5mmでは展足には薄く感じる。
これを適当な大きさに切り、展足台として使用する。

「コルク板」や「発泡スチロール」なども工夫して用いることは可能だが、針の刺し具合固定感は、表面に紙の張ってあるこのプレート板にはかなわない。



そして、最低限必要なツール。
ピンセット
d0126520_10493629.jpg軟化、展足、修理用に用いる。なんでも用の普通に使えるもの一つで足りるが、微細な作業用の細いものがあればよりいい。ともかく、力の加減がうまくコントロールできるものがいい。

高価だからといって、使い勝手が良いとは限らないので、手に持ってみてから購入するべきだと思う。


木工ボンド(速乾)
d0126520_1058747.jpg外れた頭部、胴部を接着するのに用いる。以上。 


瞬間接着剤(アロンアルファ・ゼリー)d0126520_10582834.jpg

脚、符節、触覚、爪などの細部の修理に用いる。微細な修理に用いるので、ある程度の技術を要する。乾燥すると接着面周辺がまま白くなることもよく把握して、注意して用いる。
 


筆・歯ブラシ
d0126520_10573730.jpgお湯に漬けたときに、土、綿などの標本に付いた汚れを落とすときに筆を使用する。
歯ブラシは乾燥後の標本の磨きに。使い古しで構わないが、極細でなければだめだ。普通の太さでは力が強くかかってしまい標本を破損しかねない。

「デンターシステマ(極細)」がいい。


以上の道具をそろえて、標本の作製にかかる。

つづく。
# by Ginettino | 2007-09-15 20:38 | 標本作製 | Comments(0)

“飛ぶ鹿”

イタリア語でcervo volanteとは、直訳すれば、“飛ぶ鹿”。 転じて、“クワガタムシ”。
この「欧州」に生息するクワガタはミヤマクワガタLucanus という種をさす。

私は、数多くのミヤマ愛好家の大先輩にまぎれて、いまや自他共に認めるLucanus狂。

d0126520_7171544.jpg
幼少のころより日本のミヤマ
学名Lucanus maculifemoratus Motschulsky, 1861に恋い焦がれ、それがもはやワールドワイド・・・
ネット社会がそれを可能にしてくれたのである☆

今日は、欧州に広く分布しているLucanus cervus ヨーロッパミヤマクワガタに関してあれこれと語ってみようと思う。


d0126520_671316.jpgLucanus cervusをめぐる歴史は古い。
中世の写本にもその姿が描かれたりしていることから分かるように、古くから認識されていた小動物だったのである。
図は、ルネサンス期を代表する画家アルブレヒト・デューラーが描いたとされるものだ。


時は、1758年。
最初に、著名な博物学者リンネが、この欧州に生息する“クワガタムシ”を「記載」した。
Lucanus cervus (Linnaeus, 1758)
その後、Scopoli氏が、1763年に、Lucanusというクワガタの「種」を定め、現在の分類の基礎をつくった。
Lucanus Scopoli, 1763

この北半球の温帯に広く分布するこのLucanus属、その種類は現在100を超えるとみられている。
そのうちのひとつ、日本のミヤマクワガタは、
Lucanus maculifemoratus Motschulsky, 1861 ヨーロッパミヤマのおよそ100年後に記載された。

こうした記載の経緯など詳細については、すぐれた邦語文献がある。
林長閑 『ミヤマクワガタ:日本の昆虫⑧』,文一総合出版,1987
子供向けの本のような見かけにだまされることなかれ。
りっぱなミヤマクワガタについての国内唯一の超一級研究書である。                           
_________________________________

さて、このLucanusという種は、欧州から小アジアまでの広範の地域に分布しており、とてもヒトにとって身近な、いわばポピュラーな種。

この種の歴史は、その数多くの>名前 もとい、 学名に表れているといえよう。

     ⇒ 学名リスト 参照。

身近にいて目を引くかたちの虫、しかも同じ種類(と思われる)虫に、
数多くの名前が付けられた事実は、名づける学者や愛好家たちの感覚的なものの違いがおおきく作用しているのかもしれない。

つまり、その人が、何人か?どこの国の人か?

言語や民族が違えば文化も異なるように、
同じものを見ても、同じ感想を持つとは限らない。

たとえば、日本人の風流を解する感覚が、一部の外国人には伝わりにくい、といったそんなかんじ。
こうしたことが、さまざまな文化圏に広範囲に分布するLucanus cervusを分類することの困難さにつながっているように感じる。


しかし、一方で思うことは、
昔の人は現代人よりも、しっかりと自然を見極めるまなざしを持っていたのではないかということ。

個人的に同じ種類に見えても、感覚的に、ニュアンスレベルで違うな~と思うことがままあるのだが、
実際、そんな違いによって、ちゃんと異なる種として分類・記載されていることも多いのである。

また、学術的な命名権から、同種と思われるものに付けられてしまった(ダブった)学名が、シノニムsyn. として、整理・格下げとなる例が多い。

研究リストでまとめられた新しい名前のほとんどがシノニムとされてしまうことが多いのは、よく過去の研究を証左せずに記載してしまうという側面がある。

みな、「新種発見!」と我先に自分の名前を残したくなるからにちがいないのだが。。。

詳しくは【命名権】を参照されたい。

_______________________________

さて、話を戻そう。
研究者の感覚的な問題以上に、学術的に歴史ある種であるがための問題もある。

それは、記載の際に得られた個体の標本「Type標本」をめぐる問題だ。

「Type標本」は、博物館に収められるのが、学術的慣例である。

しかし、記載から長い年月も経っていることに加え、
19、20世紀世界大戦を経た混乱の中で、博物館などに所蔵されていた標本は、焼失、あるいはどこかに持ち去られてしまったのか、そのほとんどが行方不明だ。

したがって、種を調べるために
「type標本」と、手持ちのサンプルとを、比較・照合することは現在不可能となっているのである。

---補足説明
同一種でも場所が変わると変異を生じるのであり、その変異が種(sp. )の範囲を超えないとき、つまり、同一種ではあるけれども微妙に異なった特徴が認められる場合、それを亜種(ssp. )としている。
したがって、手元の標本について疑問があるときには、博物館に永久保存されている「Type標本」を調査する必要があるというわけだ。


ということで、Lucanus cervusの類の種類の特定のためには、古い学術論文に記された記載文を参照するほかに術はないのである。

そこで、記載文に記された記載名、そして若干の形態説明産地記述、及び挿絵を参照して、手元の標本の種を特定しなければならない。

これほど困難なことはない。

第一、「挿絵」に関してば、それと瓜二つのような個体を探すほうが困難といえよう。

現代の脳科学において、人間の脳は、対象の特徴を誇張して描く傾向があることは実証済みである。
その挿絵に表された特徴が、分類の決め手となるようなポジティブな面もあろうが、
やはり実物比較にくらべ、信頼性がだいぶちがってくることは間違いない。

まして、形態的に違いがいまいちはっきりしないが、何かが違う!と思わせる、同定が困難な個体が数多くい存在するLucanusなら、なおさらのことなのである。
                          
________________________________ 


このようなLucanus cervusが抱える課題に対して、
DNA分析をはじめとする世界で最も進んだ日本の昆虫研究の手法で、欧州のLucanusに臨むことは、有益であろう。

益虫や害虫研究のように実利に基づいた営利活動にはなりえない、完全に趣味的探求となるだろうが、新発見が100%期待できるだろう。
以上を鑑みて、一度、ゼロから再構築すべきと、個人的に考えている。
# by Ginettino | 2007-09-14 23:28 | 日々戯言 | Comments(0)

れんの博物学ライフの覚書スペース“オペルカ”. 主としてミヤマクワガタ Lucanus [Coleoptera, Lucanidae]に関することをあれこれつづってゆきます。「ミヤマは数見なきゃ語れない」


by れん
プロフィールを見る
画像一覧