Nagata, 2012

永田善久 
「ヨーロッパミヤマクワガタのドイツ神話学」
『思想』 5月号(No. 1057) 
2012年 岩波書店
140-170頁.

思想 2012年 05月号 [雑誌]

岩波書店


-Japanese only.
___
ドイツ文学者である永田先生の、ヨーロッパミヤマをめぐるあれこれをつづった論考。
ミヤマに興味ある人は読まなければならない論文。

とにかく、Lucanus cervusを、ラテン語読みで「ケルウス」と呼称することが、まず、かっこいい。

周知のように、一般的に、ヨーロッパミヤマは、「ケルブス」と呼ばれる。
もちろん、「ブス」だとかっこわるいので、
気持ち的に、「ウ」に点々の、「ヴス」と表記にしたいところ。

もっとも、私の場合は、今は亡き葛さんがフランス的に「セルヴス」と呼んでたのにならってそう呼称していたのだけれども、この論文を読んで以来、ケルウスと呼ぶことにしました。笑


本論は、以下のような構成。
_____
 はじめに 
  1.ケルウスとグリム童話
  2.ケルウスの分類学、分布、形態学、語源学
  3.ケルウスの生態学と民俗学―『ドイツ神話学』の中のケルウス
  4.ケルウスをめぐるポエジー
  5.現代ドイツにおけるケルウスの法的保護と日本での取り扱い
  6.日本におけるクワガタムシ受容
 おわりに
_____

タローニ氏の図録を、ドイツ語圏へシフトして文字起こした的な内容ですが、文学者ならではの切り口は、好奇心をくすぐるに十分すぎます。

デューラーに由来するこの水彩画に描かれたケルウス。
”北方ルネサンス”、まさにドイツ語圏で、500年前に画家の眼で捉えられ活き活きと描かれたこの虫は、今も変わらずに、否、ワールドワイドに我々を楽しませてくれるんですね。

d0126520_0323057.jpg







# by Ginettino | 2016-09-27 00:30 | Refarence | Comments(0)

sp. dohertyi

Lucanus dohertyi Boileau, 1911
ドヘルティミヤマクワガタ
Lucanus Dohertyi Boileau, 1911
 : Assam, Naga Hills

syn. minor Waterhouse, 1890
Lucanus laminifer var. minor Waterhouse, 1890
 : India or.

d0126520_22433426.jpg


d0126520_22441270.jpg 今回の大手町フェアでの収穫ブツ。
 From パイネ宮下コレクション
 53mm

 頭部は細いが、そこそこの良型。
 
 ’74年/シルカー氏leg. がミソ!

d0126520_22453126.jpg


# by Ginettino | 2016-09-26 22:42 | 標本考察 | Comments(0)

エンドレス展足

仕上がった標本をせっせと箱へ。
d0126520_053107.jpg


d0126520_0533827.jpg

2010年の東欧の標本もようやく。
産地ごとL. cervusコレクションは、箱、何個あってもたりません。
小さいのは、もうパッキングのままでいいか~なんて思うのだけど、忍びないので結局キレイにしちゃいます。
d0126520_0563143.jpg

よって、エンドレス展足。。。
# by Ginettino | 2016-09-26 00:59 | 日々戯言 | Comments(0)

Okuda, 2012

奥田則雄
「ゲアンミヤマクワガタ♀の記載およびベトナム・コンツム省産の1新亜種」
『月刊むし』No.498, Aug, 2012, pp.20-22

月刊 むし 2012年 08月号 [雑誌]

むし社


N. Okuda
"Description of the female of Lucanus ngheanus Okuda, 2009(Coleoptera, Lucanidae) and its new subspecies from Kon Tum Province, central Vietnam"
Grkkan-Mushi, No.498, Aug, 2012, pp.20-22

Lucanus ngheanus Okuda, 2009
female
メスのディスクリプション。
 1) 幅広、光沢より強し
 2) 頭楯はとがる
 3) 下唇板は半円形

Lucanus ngheanus phuongi subsp. nov.
Distribution: Kon Tum Prov.

♂の見分けどころとしては、以下。
 1) 頭部側縁、眼の上の湾入弱し
 2) 頭部前縁、中央で「緩やかに」隆起 (基亜種は「強く」隆起)
 3) 頭部耳状突起は小さい
 4) 頸節の先端部に「黄褐色」部分
 
コンツム産は、ゲアン産とはちがうということ。
# by Ginettino | 2016-09-23 08:50 | Refarence | Comments(0)

第71回 インセクトフェア@大手町

2年ぶりに大手町フェアへ足を運んでまいりました。

いや~エスカレーターの下まで並びましたよ。
案内のお姉さん、マジ、ご苦労様でした。

d0126520_0544535.jpg



今年は、パイネ宮下さんのとこを筆頭に、Lucanusがけっこう数出ていたと感じました。

だがしかし、上のような、なんとも地味目な成果。
いや、いい個体たちなんですよ。

まあ、あれですね、
直前に眼を慣らしたことによるところが、、、大きかったな、と(笑
結果、衝動買いに走「れ」ませんでした・・・。

関係各位の皆さま、お疲れサマでした!


# by Ginettino | 2016-09-23 01:01 | 日々戯言 | Comments(0)

眼を慣らす

22日には大手町フェアなので、今のうちから眼を慣らしておく。
展足明けの、東欧のL. cervusたち。
d0126520_4142826.jpg


じつは、こういうのって、ひそかに重要じゃないかと思っている。

なぜならば、会場で標本を見てまわるとですね、
場内の雰囲気や活気も相俟って、
それはそれは、みな、実物以上に、かっこ良~~~く見えてしまうから、なのです。

「おお!この型いいな」 と買ってきても、手持ちのほうが全然カッコ良かったり。
「なかなかのサイズじゃん」 と思っても、手持ちのほうが大きかったり。

ヴァリエーションで集めていると、なかなかこういったところで難しいなと。
d0126520_4143793.jpg



つまりは、フェアまでに、コレクションのそれぞれの標本のかたちやサイズを眼に焼き付けて、情報をフレッシュに保たねばならない、ということ。

そんなかんじでここまで臨戦態勢に入っても、獲物に出会えなければ、まったくの無意味なのですが。
ま、フェア慣れしてちょっと冷めた情緒でまわれるならば、どってことはないのですが、ね。
あ、出展はしませんよ。ミヤマのあるトコにいると思います~(大体見当はつくね笑)

てことで、たまった標本の展足作業を、黙々と進めます。。。
d0126520_4144547.jpg


たかがシセンミヤマ、されどシセンミヤマ。
# by Ginettino | 2016-09-19 04:35 | 日々戯言 | Comments(0)

東欧より

L. cervus From MOLDOVA.
ボロだったけど、キレイになりました!
d0126520_2329059.jpg




ミッションコンプリートまでの道のりは、果てしない。。。
d0126520_23291617.jpg


# by Ginettino | 2016-09-14 23:31 | 標本考察 | Comments(0)

先天性

L.nobilis
顎先が丸く弧を描くフォルムの型。
d0126520_9244650.jpg


アクベシアヌスがもつのと同様の変異パターンを示すノビリスはとても面白い種だ。
個人的に、顎先がぐわって開くミヤマが好みってだけなのですが。
丸いのやら、直線的なのやら、うねうね湾曲するの、やらやらやら・・・

L.luci
顎の基部でほんのり溜めをつくって湾曲する型。
d0126520_926222.jpg


ツカモトとか、クラーツとか、
雰囲気似てる種はほどよくいるけれど、
近いのは、間違いなくフジタだよ~なルック。

そのうち、比較大会でも開催しますね。
乞うご期待。
d0126520_931154.jpg



さてさて、上に図示した2個体。
互いに共通する部分があります。
なんでしょう~。

それは、右前足。
奇形で、短いの!!!

展足して、はじめて判明する、あまり嬉しくない真実。。。

しかし、お二方ともどうして、右手なのだろう???
# by Ginettino | 2016-09-13 09:36 | 標本考察 | Comments(0)

ブリード経過 その4

バルバロッサのワインセラー組、
先週末に割り出しましたので、結果を記しておきたいと思います。

端的に言うと、
・・・早すぎたんだ。
ナウシカの巨神兵状態ってやつでした。

前蛹1、蛹4、半ナマ赤色テネラル状態2、くらい。。。

「蛹室、壊しちゃったよ!!!」
「半生、押しちゃったよ!!!」
「蛹、転がしちゃったよ!!!」

正直焦って、半泣きで、写真撮れませんでした。


一方、残りは羽化していたわけなのですが、少なからぬ♀個体が、なんと、羽パカ!
なんで!?((乂(゚∀゚;)

なにか、後ろめたい気持ちで申し訳なくなってしまい、写真撮れませんでした。

そんなこんなで、2匹のマクロフィルス以外、セラー管理の幼虫は全部割り出したわけですが、満足いく個体は、この時点では皆無な状況。
先週末は、けっこうショックに打ちひしがれていました。



そして、一週間後。



複数個体を里子に出すことが決まったため、
割り出し後の最初の選別チェックを敢行しました。

前蛹⇒無事の蛹化。
蛹⇒黒くなって死亡。
 ⇒羽化した蛹もありますが、残念なことに羽が収納しきれていない。
  ちゃんとおさまるのか、いや、厳しそうな感じだ。。。

やはり、なにごともなく、とはいかないものですね。

半ナマ赤色のテネラルだった子はどうでしょう。

おお、黒く、ほどよく固まっているじゃないですか!
強く触れてしまったところには、ディンプルなどなく、一安心、というところ。
d0126520_22262339.jpg


いや~よかったよ、バルちゃん^^

じゃ、背丈を測ってみようか!移動~
d0126520_22283087.jpg


d0126520_22295256.jpg



まだ完全には硬まっておらず、半生腹出だけど、
50mm級じゃないですか!
スカスカだけど、
50mmの目標達成、っていっていいの、かな?笑


___
次回最終回、
マクロフィルスの割り出しで、完結(の予定)


# by Ginettino | 2016-09-09 23:01 | 生体考察 | Comments(0)

sp. elaphus

d0126520_08565459.jpg

















thick mandible !

久しぶりに北米の“Giant Stag Beetleを展足。
そう、かの国での俗称は「オオクワ」なエラフスミヤマ。

ちなみに和名は、シカツノミヤマ。

じつに形のよいミヤマだ。




# by Ginettino | 2016-09-08 09:08 | 標本考察 | Comments(0)

れんの博物学ライフの覚書スペース“オペルカ”. 主としてミヤマクワガタ Lucanus [Coleoptera, Lucanidae]に関することをあれこれつづってゆきます。「ミヤマは数見なきゃ語れない」


by れん
プロフィールを見る
画像一覧