もうおわり、なのか?

35℃前後が続くであろう週末を迎えるにあたって、やっぱり行っておかなきゃという思いで森へ。
d0126520_17513914.jpg

d0126520_17515460.jpg


…いない。

あの、ノコシャワーはどこへ。

ミヤマなど、極小個体のみ。

気配がない。

というか、
♀がいない!
d0126520_1752510.jpg
もう、終わってしまうのか。
いや、まだだ。
お盆までは踏ん張りたい。

夜には、アルテミス~妖精、舞い降りる。
d0126520_17521559.jpg
オオミズアオ 大水青
Actias aliena, 旧Actias artemis
# by Ginettino | 2016-08-05 18:48 | 日々戯言 | Comments(0)

Lucanus lunifer ssp.

Lucanus lunifer ssp.
from INDIA, Arunachal Pradesh
ワイルドからのF2個体 77mm
d0126520_10285243.jpg
d0126520_1029139.jpg
d0126520_10291037.jpg
d0126520_10291864.jpg

# by Ginettino | 2016-08-04 10:29 | 生体考察 | Comments(0)

Lucanus dongi

d0126520_12241016.jpg
d0126520_12242292.jpg
d0126520_12243014.jpg
d0126520_12243864.jpg

ツヤ有り/ツヤ無し
Glossy/Matte 
# by Ginettino | 2016-08-03 22:58 | 標本考察 | Comments(0)

八月!

d0126520_2049180.jpg
またまたまたまた、でかいの落下!
d0126520_2049128.jpg
赤い!欧州ミヤマに負けない赤さだ!
d0126520_20493019.jpg
やっぱりでかいノコが多いこの夏。

でかいミヤマは、いずこ??
本当に大きい深山に出会わないこの夏です。
# by Ginettino | 2016-08-01 20:52 | 日々戯言 | Comments(0)

大暑の木陰

d0126520_1452974.jpg

d0126520_1453998.jpg

d0126520_1455163.jpg

d0126520_146041.jpg


# by Ginettino | 2016-07-22 14:07 | 日々戯言 | Comments(0)

隣県より

d0126520_694488.jpg
北海道のとはまた異なるテイスト。
整ったフォルム。
発達した大アゴと頭冠。
極美東北産蝦夷型 almost 70mm.



# by Ginettino | 2016-07-20 06:13 | 日々戯言 | Comments(0)

鋸時々深山

今期はノコシャワーの中に、ゴンブト70級が必ず混じる。
これまではありえなかったことだ。
どうして今期は太いのが多いのだろう。
d0126520_2174620.jpg

顎の長い深山、降臨。
d0126520_2172728.jpg
d0126520_2173668.jpg

# by Ginettino | 2016-07-15 21:12 | 日々戯言 | Comments(0)

Okuda & Maeda, 2016

奥田則雄・前田 健
「インド北東部アルナーチャル・プラデーシュ州で得られたミヤマクワガタ属の2新種とフタマタクワガタ属の2新亜種」
『月刊むし』No.544, Jun, 2016, pp.19-26

月刊むし 2016年 06 月号 [雑誌]

むし社


N. Okuda and T.Maeda
"Two new species of genus Lucanus Scopoli and two new subspecies of the genus Hexarthrius Hope (Coleoptera, Lucanidae) from Arnachal Pradesh, northeastern India "
Grkkan-Mushi, No.544, Jun, 2016, pp.19-26

◆ Lucanus adi sp. nov.
 L. lesnei に近似の種。
 数を見ていないのではっきりと意見できないが、微妙に異なる感じは受ける。
 でも、産地を言われなければ、形態的な違いに眼が行かないであろうくらい、近似。

◆ Lucanus izindui sp. nov.
 スレンダーなフォルムをもつチベット側のL. cheni に比較して、質感やフォルムでだいぶ違う印象を受ける。こちらのほうが、むちっとずんぐり感がある。別種でいいと思う。
 大型個体では、大顎の先端がへら状に発現。
 この種の系統を鑑みるならば、おそらく大歯型は65mmUPから。
 最大は80mmクラスだろうと予想される。

 ちなみに、こうした「鼻状突起」をもつ「テングミヤマ」系の種において、その突起の形状は、決して体長には比例するものでもなく、かつ個体差もなかなか豊富!
 ですので、種レベルで分類する際、この鼻状突起の形状をもって分類要素とするのは、個人的にはなかなかデリケートな、注意を要するところだと考えています。
 
 もちろん種の基本フォルムは確実に存在するのだけど、100匹200匹並べてようやく見えてくる、そんな感じを受けます。それって国産ノコギリクワガタの顎のバリエーションくらい連続的なシロモノで。。。さらには、それにも収まらないような変異も出ますしね。

 自然は、想像を超える。
# by Ginettino | 2016-07-15 03:04 | Refarence | Comments(0)

今年は出足遅め?

d0126520_637769.jpg
d0126520_6371632.jpg
d0126520_6372462.jpg
顎ズレ!
d0126520_637349.jpg

# by Ginettino | 2016-07-14 06:37 | 日々戯言 | Comments(0)

雨天決行

d0126520_15233640.jpg
やはりノコが濃い。

d0126520_15234443.jpg
それでも蝦夷美型を確保!

d0126520_15235461.jpg
一昨日に引き続き、またまた、ゴンブトBIGな個体!
顎が太い。

d0126520_1524938.jpg
小さい!under 35mm.

d0126520_15242219.jpg
先述の蝦夷美型は、about 65mm。
頭部の発達がいいから大きく見える。
ハンサムです。

d0126520_15243225.jpg
続けて70mm大台か!?と思ったが・・・
やはり、実際はこんなもんなんですね~。

# by Ginettino | 2016-07-09 15:31 | 日々戯言 | Comments(0)

れんの博物学ライフの覚書スペース“オペルカ”. 主としてミヤマクワガタ Lucanus [Coleoptera, Lucanidae]に関することをあれこれつづってゆきます。「ミヤマは数見なきゃ語れない」


by れん
プロフィールを見る
画像一覧