タグ:【Puseudolucanus】 ( 8 ) タグの人気記事

sp. busignyi ??

d0126520_1523265.jpgLucanus busignyi ??
July/ 2009
Mugla, Fethiye
TURKEY

ブシグニーミヤマと思われる個体。

特徴として、
・光沢が強い strong polished body
・脚が赤い  femora and tarsi red-brown colored


そして、macrophyllusとの決定的な違いが、
・顎先が二股にならない apex of mandible not divaricate
体長が、43mm にもかかわらずである。

頭盾が真ん中あたりで凹む。 d0126520_1524534.jpg

by Ginettino | 2009-09-20 02:11 | 標本考察 | Comments(0)

sp. capreolus *Top

Lucanus capreolus (Linnaeus, 1763)
カプレオルスミヤマクワガタ
Scarabaeus Capreolus Linnaeus, 1763
 : America bor.
 /E .USA/ Canada

syn. dama Fabricius, 1775
Lucanus Dama Fabricius, 1775
 : Virginia
syn. trigonus Thunberg, 1806
Lucanus trigonus Thunberg, 1806
 : Amarica bor.
syn. muticus Thunberg, 1806
Lucanus muticus Thunberg,1806
 : America bor.
syn. nigricephalus Benesh, 1938
Pseudolucanus capreolus ab. nigricephalus Benesh, 1938
 : USA

______________________________________

d0126520_2185432.jpg
Portsmooth
Scioro Co. OH
U.S.A.
Jul/7/1993

41mm


by Ginettino | 2008-03-03 01:03 | 標本考察 | Comments(0)

sp. barbarossa

Lucanus barbarossa Fabricius, 1801
バロバロッサミヤマクワガタ
Lucanus barbarossa Fabricius, 1801
 : Tanger
 /Morocco/Algeria/ Tunisia/ Spain/ Portugal

________________________________________

d0126520_033620.jpgLieidr, SPAIN
19/7/2002

42mm


by Ginettino | 2008-02-21 00:18 | 標本考察 | Comments(0)

sp.

イランラベルの不明種。光沢のある丸っこいフォルムが印象に残る。

d0126520_11121878.jpg

IRAN prov. Mazendaran
Rudbarak env. 1970m
16. 7. 2003
J. Procházka lgt.
36°28′N 51°06′E

43mm

大顎の先端は分岐せず、内歯は中ほどに2、3。
頭部が小さく、腹部がぼってりと丸い印象。
触覚は中ほどが幅広くなる程度。
頭盾は中ほどで凹み、突出しない。
d0126520_11123226.jpg


d0126520_11124687.jpg
おそらく同種の小型個体。36mm

艶味もフォルムもほとんど変わりがない。

Kyasar, sudSari
Mazanderan
Jul/2001
Lassalle leg.
IRAN 1500m

小さくとも、内歯は2本確認でき、消失していない。
d0126520_11131051.jpg

by Ginettino | 2008-02-21 00:08 | 標本考察 | Comments(0)

sp. macrophyllus

d0126520_1848427.jpg
Lucanus macrophyllus

Near Gazipasa
E. Mediterranean
S. Turkey
Native leg.
Coll. T. MAEDA

34mm


イランのsp. xerxes と明確に異なるのが、大顎の半ばから見られる小歯。
顎先も二股になる。

また、全体のフォルムもより丸い印象を受ける。

d0126520_18485479.jpg

by Ginettino | 2008-02-20 23:47 | 標本考察 | Comments(0)

sp.

レバノン産のミヤマ。
非常にレアなラベルだ。とても行ける所では・・・ない。

d0126520_1854363.jpg
Lucanus sp.

North Lebanon 1350-1550m
Bcharre, caza Bcharre
Jul/2007
Leg. A. Kairouz

レバノンのアンドレによる採集品。

おそらく、Lucanus syriacus に近い類かと思われる。が、違うなと感じている。


馬場氏の図鑑に載せられたLucanus syriacus は、内歯が2対つながっているように見えるが、この個体は明確な一対の内歯である。
顎先は二股に分かれず、尖る。触覚は6節。
d0126520_1854498.jpg

d0126520_1855628.jpg
腹部が大きく、その生態は地上歩行型だと思わせる。

また、体表はざらざらとした感じ。
点刻が荒い。


by Ginettino | 2008-02-20 23:33 | 標本考察 | Comments(0)

sp. xerxes -PARATYPE

Lucanus xerxes Král, 2005
クセルクセスミヤマクワガタ
 : SW. IRAN, p.Fars, Kakan, E.Yasag
 14. Jul. 2004 (PARATYPE)
________________________
d0126520_18452186.jpg
sp. macrophyllus によく似た種。

きわめて長い片状部の幅広の触覚などはその最もたる共通点だ。

しかし、体全体が丸いフォルムのsp. macrophyllus に比べて、
本種は、縦長で直線的なフォルムであることは一見して明らか。

大顎の先端は二股に分かれず、内歯は一対。
小歯は見られない。

また、強く抉れて端が尖る後胸腹板の形状も特徴。

d0126520_1845513.jpg

d0126520_18453962.jpg

by Ginettino | 2008-02-20 23:13 | 標本考察 | Comments(0)

sp. capreolus

d0126520_22592758.jpg
d0126520_22594554.jpg

d0126520_2302034.jpg1897年のラベル。

by Ginettino | 2007-12-04 00:52 | 標本考察 | Comments(0)

れんの博物学ライフの覚書スペース“オペルカ”. 主としてミヤマクワガタ Lucanus [Coleoptera, Lucanidae]に関することをあれこれつづってゆきます。「ミヤマは数見なきゃ語れない」


by れん
プロフィールを見る
画像一覧