タグ:文化的考察 ( 7 ) タグの人気記事

Nagata, 2012

永田善久 
「ヨーロッパミヤマクワガタのドイツ神話学」
『思想』 5月号(No. 1057) 
2012年 岩波書店
140-170頁.

思想 2012年 05月号 [雑誌]

岩波書店


-Japanese only.
___
ドイツ文学者である永田先生の、ヨーロッパミヤマをめぐるあれこれをつづった論考。
ミヤマに興味ある人は読まなければならない論文。

とにかく、Lucanus cervusを、ラテン語読みで「ケルウス」と呼称することが、まず、かっこいい。

周知のように、一般的に、ヨーロッパミヤマは、「ケルブス」と呼ばれる。
もちろん、「ブス」だとかっこわるいので、
気持ち的に、「ウ」に点々の、「ヴス」と表記にしたいところ。

もっとも、私の場合は、今は亡き葛さんがフランス的に「セルヴス」と呼んでたのにならってそう呼称していたのだけれども、この論文を読んで以来、ケルウスと呼ぶことにしました。笑


本論は、以下のような構成。
_____
 はじめに 
  1.ケルウスとグリム童話
  2.ケルウスの分類学、分布、形態学、語源学
  3.ケルウスの生態学と民俗学―『ドイツ神話学』の中のケルウス
  4.ケルウスをめぐるポエジー
  5.現代ドイツにおけるケルウスの法的保護と日本での取り扱い
  6.日本におけるクワガタムシ受容
 おわりに
_____

タローニ氏の図録を、ドイツ語圏へシフトして文字起こした的な内容ですが、文学者ならではの切り口は、好奇心をくすぐるに十分すぎます。

デューラーに由来するこの水彩画に描かれたケルウス。
”北方ルネサンス”、まさにドイツ語圏で、500年前に画家の眼で捉えられ活き活きと描かれたこの虫は、今も変わらずに、否、ワールドワイドに我々を楽しませてくれるんですね。

d0126520_0323057.jpg







by Ginettino | 2016-09-27 00:30 | Refarence | Comments(0)

Sprecher & Taroni, 2004

SPRECHER, E., TARONI, G.,
Lucanus cervus depictus
Como: Giorgio Taroni Editore
2004

d0126520_23564653.jpg

________________________________________________________

タローニ氏のもうひとつのクワガタ本。

これは、ヨーロッパミヤマLucanus cervusにまつわる文化的背景をまとめた、
非常にマニアックなものである。


本文は、イタリア語/ドイツ語/英語の3ラインのパートで構成されており、
読み手への配慮がなされている。



タローニ氏の個人出版ということだが、出版社もご自身の名前とは・・・
17、18世紀の貴族コレクターのその感覚、そのスケールといったものを、
まさにそのままに引き継いでいる御仁だな~と感心。

ヨーロッパの中世から近代にかけての「美術」のなかにみられる「クワガタ虫」を、
本文中でこれでもかってくらいに紹介している。“こんなんもあるよ~”風。

作品一つ一つに親切な解説がないことに少々物足りなさを感じるが、
そこは「それぞれの専門家の範疇だから」といった、
氏の寛大な配慮からだろう。。。と勝手に思ってみる。


このようなタローニ氏が提示した、いわば「クワガタの文化史」の中には、
美術史的にも重要なものが含まれるのも事実だ。

おいおい取り上げて、なんらかの考察を試みたいと思っている。
by Ginettino | 2007-10-04 22:23 | Refarence | Comments(0)

Taroni, 1998

TARONI, G.,
Il Cervo Volante (Coleoptera licanidae)
: natura, moto, collezionismo.

Milano: Electa
1998
d0126520_1153093.jpg

__________________________________________________________

イタリアの書籍。
コレクターのタローニ氏の著作として有名な本だ。
クワガタの研究を志す者は、持ってなくてはならない一著。
本書は、氏が所蔵するクワガタコレクションをもとにして催された展覧会図録である。
見どころは、全般カラーの詳細な写真プレートにある。

もはや“図録”のレベルを超えている。。。
“図鑑”といっても言い過ぎではないだろう。

Electa
by Ginettino | 2007-10-03 20:12 | Refarence | Comments(0)

ミヤマのimage 古典③

前回の神話の出典の続き。3冊目。
以下に関係箇所の引用を挙げる。

-----------------------------------------
アントーニーヌス・リーベラーリス
『メタモルフォーシス: ギリシア変身物語集』

メタモルフォーシス ギリシア変身物語集 (講談社文芸文庫)

アントーニーヌス・リーベラーリス / 講談社

安村典子/訳,講談社文芸文庫,2006年
108-111頁

(引用)
第22話 ケラムボス

[・・・羊飼いケラムボスの生い立ち.com・・・] 

ケラムボスはこのようなことを語って、妖精たちを嘲笑していた。ところがしばらくすると突然霜が降り、谷川の水が凍りついた。大雪が降ってケラムボスの羊は小径や木々と同様に、雪に埋もれてしまい、ついに姿を消してしまった。そして妖精たちは、木を食べて生きるかぶと虫(ケラムビュクス)に彼の姿を変えてしまったのである。ケラムボスが彼女たちを嘲ったことに対して憤りをいだいていたためであった。
 この虫は木材の上に見つけることができる。かぎ型の歯をもち、両顎をしきりに動かす。体は黒く、楕円形をしている。丈夫な羽根をもっており、大きなフンコロガシに似ている。またこの虫は「木を食べる牛」とも呼ばれており、テッサリアー人はこれをケラムビュクスと呼ぶのである。子供たちはこの虫をおもちゃにして遊び、頭の部分を切り取って、飾りとして身につける。頭部には角があり、亀の甲羅から作られたリュラー(楽器)の形に似ている。
------------------------------------------

このリーベラーリスの物語には、興味深い点がある。

それは、「ケラムビュクス」という呼称だ。
この本の巻末の註において、訳者は、この虫をCerambyx cerdoと解説している。Cerambyx cerdo Linne, 1758 すなわち、
Cerambycidae:カミキリムシである。そして、「実際にはフンコロガシとの共通点は少なく、姿形もあまり似ていない。」と述べている。


クワガタムシに変身したと語られてきたケラムボスは、
どこかでカミキリムシと混同されてしまったのだろうか。


これについて私見をのべるならば、リーベラーリスによって語られる描写は、クワガタムシであるといっていいように思っている。
とりわけ、「木を食べる牛」という描写などは、プリニウスが『博物誌』で言及した「ルカニアの『牛』」に通じると考えられる。
d0126520_5542530.jpgまた、クワガタムシは、質感や重厚さ、脚の感じなどの点でフンコロガシに似ているし、たとえば、「リュラーの形に似ている」と記している点などを教慮するならば、それはクワガタムシLucanus cervusが大顎を開いた頭の形のことを言っていると思っていいだろう。(図.「リュラー」を参照)

こう考えると、テッサリアにおける「ケラムビュクス」という呼称は、クワガタムシやカミキリムシといった甲虫の中で、大型で飛翔力が強く、大顎を備えたもの、を指すのかもしれない。だいぶ大味な分析だが、当たらずとも遠からずというところだろう。




しかし、
いただけない点がひとつ、訳についてである。

訳者は「木を食べる牛」について註を付し、

「かぶと虫の幼虫は特に樫の木を好み、驚くべき勢いで穴をあける。
かぶと虫が巣をつくると、その木は材木として使い物にならなくなるという。」

と書いている。

これは、カミキリムシによる樹木の食害を記したと思われるが、カミキリムシは、「かぶと虫」ではない(=ここでいう「ケラムボスのクワガタムシ」でもない)し、まして、「かぶと虫が巣をつくる」という記述には、頭を抱えてしまわざるを得ない...まるでのような物の言い方だ。違和感を禁じえない。

文中の「かぶと虫」とひらがな表記したことが、暗に、広義の「甲虫」を示唆するのなら分からなくもないが、もう少し、訳者自身の自然へのまなざしがほしいな~と、思うのである。
by Ginettino | 2007-09-22 00:15 | 文化的考察 | Comments(0)

ミヤマのimage 古典②

邦訳を、もうひとつ。
--------------------------------------------
プリニウス『博物誌』

プリニウスの博物誌 全3巻

プリニウス / 雄山閣出版

中野定雄ほか/訳,雄山閣出版,1986年,(Ⅰ)496頁

(引用)
カブト虫そのほか
[97]三四 ある種のものは、はねが殻の外被によって守られている。たとえばカブト虫である。これらの種にあってははねは薄くて弱々しい。彼らは針をあたえられていないが、それらのうち大型の一種類には非常に長い角があり、それは二本の岐をもち、その先端には鋸歯状の爪があって、自由にそれを閉じ合わせて噛むことができる。それらは実際お守りとして子供の首のまわりに吊るされる。[98] ニギディウスはこれらをルカニアの雄ウシと呼んでいる。・・・ 

---------------------------------------------

「ルカニアの雄牛」・・・カッコいいネーミングだ。


しかし、プリニウスの観察眼には恐れ入る。
ここで記述されたすべてが、まさにLucanus cervusそのものであることが明解なのだから。

初期近代にたるまで欧州の知識人・博物学者らの世界を把握する古典たりえた『博物誌』。その卓越した好奇心によって記述された自然の姿は、まちがいなく、今日のわれわれにも通じるものとなっている。

プリニウス
万歳☆
by Ginettino | 2007-09-21 23:21 | 文化的考察 | Comments(0)

ミヤマのimage 古典①

神話の出典、その邦訳があるので、
以下に関係箇所の引用を挙げる。

-----------------------------------------
オヴィディウス『変身物語』

オウィディウス 変身物語〈上〉 (岩波文庫)

オウィディウス / 岩波書店

中村善也/訳,岩波文庫,1984年
276頁

(引用)
・・・ところで、メデイアも、翼を持つ竜の車で宙に舞い上がらなければ、罰をまぬかれはできなかっただろう。上空へのがれた彼女はケイロンの母ピリュラの家郷である、鬱蒼たるペリオンの山を越えていった。オトリュスの峰も越えた。その昔、ケラムボスの身に起こった出来事によって有名となったあたりをも、過ぎてゆく。重い大地が一面の海におおわれ、水びたしとなったデウカリオンの大洪水のさい、妖精たちから授かった翼で空へ舞いあがり、おかげで溺れ死ぬのをまぬかれた――それがケラムボスだ。・・・
------------------------------------------

翼を広げて空へ・・・と聞くと、
白鳥のような純白の翼を想像する。

だが・・・

ケラムボスがクワガタムシに変身したことを知っていると、幾分、残念な印象を禁じえない。


なぜなら、

飛ぶクワガタの、あの、

ぶゥゥゥーんという羽音が思い起こされてしまうから(笑
by Ginettino | 2007-09-21 23:03 | 文化的考察 | Comments(0)

ミヤマのimage

「美術の中の動物がもつシンボルやイメージ」について解説した本に、
クワガタムシの項があった。

拙訳を、以下に載せておく。

Lucia Impelluso, Nature and Its Symbols, translated by Stephen Sartarelli, The J. Paul Getty Museum, Los Angeles, 2004 (Italian ed. 2003, Mondadori Electa S.p.A, Milan), pp.339-341

Nature And Its Symbols (Guide to Imagery Series)

Lucia Impelluso / J Paul Getty Museum Pubns


---------------------------
クワガタムシ
Stag Beetle

神話の起源 
羊飼いケラムボスCerambusがクワガタムシに変身する。

意味
悪or悪魔の象徴

出典 
 Ovid, Metamorphoses, 7:353-356 
 Pliny the Elder, Naturalis Historia, II.97
 Antoninus Liberalis, Metamorphoses, 22



クワガタムシのイメージは、しばしばスカラベ(甲虫)と結び付けて考えられた。その図像は、後期ゴシックの時代の美術に初見できる。

われわれは、神話の中に、ケラムボスCerambus、そしてTerambusという二人の人物が、クワガタムシに変身したという物語を見出すことができる。この二人の話はほぼ同じものといってよい。羊飼いケラムボスCerambusは、ギリシアのテッサリアにあるオスリー山で、羊の群れの番をして暮らしていた。美声に恵まれ、パンの笛の卓越した奏者であった。彼を訪れて音楽を聴くことを好んだニンフたちは、彼に感謝していた。しかしある日、羊飼いは神と口論し、二つの巨大な角を持つ虫に姿を変えられてしまう。その虫とは、生きるために木を齧る、「森を食べるクワガタムシ」であった。

この虫は、子供たちにとって、紐を結び付けて飛ばす格好の遊びの対象となった。

この虫の図像は、まず、14世紀後半から15世紀初頭にかけて、ヨーロッパの宮廷で発達した芸術の流れ「国際ゴシック様式」の、金や銀で彩色された写本中に、見出すことができる。

とはいえ、クワガタムシは、もっぱらそのほとんどが16世紀から17世紀の「北方ヨーロッパ」の絵画に描かれた。とりわけ、静物画、そして画面の下生えに描かれる。こうした描写の中のクワガタムシは、もっぱら悪魔の象徴といったものを意味していると考えられる。
おそらく、クワガタムシは「火」を撒き散らす危険な動物だという北方文化の共通する認識のためであろう。その「赤い」大顎の中に、赤熱した(石炭や薪などの)燃えさしを運んでいると考えられていたのである。

----------------------
by Ginettino | 2007-09-21 22:40 | 文化的考察 | Comments(0)

れんの博物学ライフの覚書スペース“オペ-ルカ”. 主としてミヤマクワガタ Lucanus [Coleoptera, Lucanidae]に関することをあれこれつづってゆきます。「ミヤマは数見なきゃ語れない」


by れん
プロフィールを見る
画像一覧