タグ:Italy ( 27 ) タグの人気記事

涙のビルドアップ!

いやもうまじで、初めてでした。
初めてのお相手だったのだけど、標本が、緩衝材なしで、封筒で、送られてくるという。

あ~こりゃやばいべ~とパッキング開けば、案の定こんなかんじ。
d0126520_0103498.jpg
国際郵便ならではの、無碍な圧迫からの~なんてこったいヒビ割れ大破!

ええ。クレームものですよ。
郵便、なめてんのかと。

でもね。
この世界、あれこれ言ったって代替は期待できません。

ゆえに、ぐっとガマンです。
ゆえに、プラモデル制作モードです。

完成!ワイルドトウサイキング!
d0126520_014520.jpg



いやしかし、根気要るね!
おつかれさまでした!
by Ginettino | 2016-10-16 00:03 | 日々戯言 | Comments(0)

割り出し②

もう1セット、割り出しました。
L. tetraodon. sicilianusです。

テトラオドンは、バルバロッサの「ついでに」1セットのみ組んでいて、常温管理していました。
したがって、バルバロッサのセットと同じように、マットがやばい状況に・・・!
バルバロッサほどではないといっても、表面はカビに覆われ、♀の亡骸が。(合掌)
d0126520_22261592.jpg

赤く劣化したマットは独特の強烈な菌の臭いを放っており、目がしぱしぱしましたね。
が、しかし、あれ??普通に幼虫でかい。
ん~すでに2齢ですね。常温下で大きくなってしまったよう。赤く変色した部位を避けて、潜んでおります。
d0126520_22262474.jpg

しばらくすると、ぼとぼと、と壁面から新聞紙の上へと落ちてくるほど。
・・・・・めちゃくちゃいるやんヽ(゚Д゚;)ノ!!
d0126520_22264594.jpg
d0126520_22271460.jpg

なんだかんだ、マットを崩すたびにぼろぼろ出てきて、結局、40頭越え。
え~~~想定以上の数で、一匹1カップは無理!
これまでよりは快適でしょ、ということで、ひとまず1カップに3頭ずつ入っていただくことに。
d0126520_22271584.jpg

マット買わねば!
ブリードとはこういうものなのですね。勉強になります。

テトラオドンは、他の亜種はわからないが、バルバロッサに比べ、非常に活動的。
ゼリーも良く食べました。
♀は♂に噛まれたり、頻繁に争っていたりしたので、好戦的な種なんだなという印象を受けました。
(実際、♀殺しも多い模様)
ミヤマ的といえばミヤマ的な種ですね。

さて、この数、
如何様に育ててゆこうか。。。( ゚д゚)ハッ!


Special thanks to Kapi さん
いつもご教授いただきまして、感謝に堪えません。
by Ginettino | 2014-08-24 22:55 | 生体考察 | Comments(0)

Sicilia & Spain

P. barbarossa
d0126520_23535634.jpg

L. tetraodon. sicilianus
d0126520_2354166.jpg

欧州ミヤマの中でも、かなりマイナーラテンな彼ら。
ライブにてもろもろ検証開始。
d0126520_2358024.jpg

by Ginettino | 2014-06-06 23:58 | 日々戯言 | Comments(0)

sp. tetraodon@LI

d0126520_1372538.jpg
Mt. Perone
Isola d'Elba(LI)
Toscana
ITALIA
VII/ 2003

38mm

エルバ島ラベル。
むっちりと丸いフォルム。


by Ginettino | 2008-07-03 00:30 | 標本考察 | Comments(0)

sp. tetraodon@ROMA

d0126520_1254791.jpgLazio(Roma)
Tivoli
13/VII/1999
M&D. Gigli leg.

43mm

ローマ近郊ティヴォリのテトラオドン。

d0126520_1163626.jpg


by Ginettino | 2008-06-14 01:12 | 標本考察 | Comments(0)

sp. cervus@CO

d0126520_1432386.jpg

Lucanus cervus

July/2006
cirimido (CO), Lombardy
Italy
Leg. mariani.G.

76mm



d0126520_1453481.jpg

by Ginettino | 2008-03-03 14:46 | 標本考察 | Comments(0)

sp. tetorodon@CH

d0126520_845272.jpg
Lucanus tetoraodon

Guardiagrele[CH],
Abruzzo, Italy.
15/Jul/2005

42mm

イタリア中部のアペニン山脈の地域は、イタリア半島最大の屋根といわれる。
そんなアブルッツォ州キエーティ県ラベルのテトラオドン。

d0126520_20514087.jpg
高山性の傾向なのか、気持ち黒みが強い。
残念ながら右触覚欠損。

by Ginettino | 2008-02-16 23:40 | 標本考察 | Comments(0)

tetraodon ssp. sicilianus

d0126520_4592467.jpg
Lucanus tetraodon
ssp. sicilianus


Sicilia, CT
Monte- Etna
Rifugio citelli 1600m
5/VIII/2005

40mm

シチリア島のエトナ山@カターニャ県ラベル。

大顎の中ほどで内側に強く湾曲する特徴あるカタチは、原名亜種とだいぶ異なる。


ちなみに、馬場勝氏の図鑑では、このシチリア島の個体群を、半島南部の個体群にまとめて
Lucanus tetraodon serraticornis とされている。


by Ginettino | 2008-01-22 01:56 | 標本考察 | Comments(0)

sp. tetraodon@VA

cf. M. Zilioli, R. Pittino
"Un reperto eccezionale: Lucanus tetraodon Thunberg in Lombardia (Coleoptera, Lucanidae)", in Atti Soc. it. Sci. nat. Museo civ. Stor. nat. Milano, 145Ⅱ, 301-306, Dicembre 2004

d0126520_4502272.jpgLucanus tetraodon
VARESE
Vizzola Ticino 196m
30/VII- 3/VIII/2001
M. Zilioli & P. Guandini Leg.
coll. M. Zilioli

39mm

北部ヴァレーセ県のテトラオドン。
半島南部の個体群ともまた違う顔つきだ。

フランス南部プロヴァンス亜種へ連続的につながるのだろうか。。。



ともかく、これまで指摘されなかったロンバルディアにおいて、
cervusと混生し、局所的に生息する特異な個体群といえる。



by Ginettino | 2008-01-22 01:49 | 標本考察 | Comments(0)

sp. @ROMA

d0126520_154135.jpgイタリア中部(ローマ近郊)の不明種。

Lazio(Roma)
Bosco di Manziana
16/VII/1985
leg. C. Iacovivone

52mm

腹部が大きい全体のフォルムはもとより、色味、
頭部の幅、大顎の間隔とそのニュアンス(艶など)、
寸胴ではなく先細な胸部・・・などなど
テトラオドンとは明らかに異なる。

d0126520_1554885.jpg

大型になっても、テトラオドンのようにならないような気がする。
この個体はテトラオドンで言えばだいぶ大型。
しかし、実際のところ、“中型”の印象を感じるのはなぜだろう。。。。。

触覚片状部は、明らかに5節。
(6節目がほんの気持ち少し尖る程度)


d0126520_447926.jpg
同じ種類と思われる小型個体。
ROMA, Lazio
Italia
16/Jul/1985

37mm

テトラオドンのずんぐりとした印象が、無い。
特に頭部が~ニュアンスレベルなのだが、違うと思う。
この個体も触覚片状部は5節。

d0126520_1575983.jpg個人的見解としては、タローニ氏のカタログ99頁に収録された個体(右図)は、もしかしたらこれらの大歯形ではないかと思う。

①前方にすらっと伸びる大顎、その歯先
②テトラオドンと比較してより大顎の中ほどに出る内歯(第一歯)
③頭部突起の張り出し具合
などは、よく似ているように感じる。

ローマ近郊には、cervustetraodonに混じりながらも、これらのような独立した種類が局地的に生息していると思われるのである。

もちろん、cervustetraodonのハイブリッドの可能性も捨てきれないのだが。

by Ginettino | 2008-01-22 01:45 | 標本考察 | Comments(0)

れんの博物学ライフの覚書スペース“オペルカ”. 主としてミヤマクワガタ Lucanus [Coleoptera, Lucanidae]に関することをあれこれつづってゆきます。「ミヤマは数見なきゃ語れない」


by れん
プロフィールを見る
画像一覧