タグ:Spain ( 13 ) タグの人気記事

ブリード経過 その4

バルバロッサのワインセラー組、
先週末に割り出しましたので、結果を記しておきたいと思います。

端的に言うと、
・・・早すぎたんだ。
ナウシカの巨神兵状態ってやつでした。

前蛹1、蛹4、半ナマ赤色テネラル状態2、くらい。。。

「蛹室、壊しちゃったよ!!!」
「半生、押しちゃったよ!!!」
「蛹、転がしちゃったよ!!!」

正直焦って、半泣きで、写真撮れませんでした。


一方、残りは羽化していたわけなのですが、少なからぬ♀個体が、なんと、羽パカ!
なんで!?((乂(゚∀゚;)

なにか、後ろめたい気持ちで申し訳なくなってしまい、写真撮れませんでした。

そんなこんなで、2匹のマクロフィルス以外、セラー管理の幼虫は全部割り出したわけですが、満足いく個体は、この時点では皆無な状況。
先週末は、けっこうショックに打ちひしがれていました。



そして、一週間後。



複数個体を里子に出すことが決まったため、
割り出し後の最初の選別チェックを敢行しました。

前蛹⇒無事の蛹化。
蛹⇒黒くなって死亡。
 ⇒羽化した蛹もありますが、残念なことに羽が収納しきれていない。
  ちゃんとおさまるのか、いや、厳しそうな感じだ。。。

やはり、なにごともなく、とはいかないものですね。

半ナマ赤色のテネラルだった子はどうでしょう。

おお、黒く、ほどよく固まっているじゃないですか!
強く触れてしまったところには、ディンプルなどなく、一安心、というところ。
d0126520_22262339.jpg


いや~よかったよ、バルちゃん^^

じゃ、背丈を測ってみようか!移動~
d0126520_22283087.jpg


d0126520_22295256.jpg



まだ完全には硬まっておらず、半生腹出だけど、
50mm級じゃないですか!
スカスカだけど、
50mmの目標達成、っていっていいの、かな?笑


___
次回最終回、
マクロフィルスの割り出しで、完結(の予定)


by Ginettino | 2016-09-09 23:01 | 生体考察 | Comments(0)

取り残し!

先週末、ベランダに放置していた割り出し後のマットの片づけをしました。大型の衣装ケースにまとめてカブトマットにして再利用ぞっ!と意気込むも、、、カブトもいないし~とても生産的とは言えない作業であるのは明白。でも、ベランダをキレイに片付けねばならないため、かったるいな~と固まりを崩し、均していました。

そしたら!

、、、、、あら、、、、あら、、、、エエエェェ━(・д・`*)))━ッ!!!


そう、

前回の割り出し時、
自分に見過ごされ、放っておかれてしまった子達。

総勢・・・初齢&2齢

こういうのって、こんなもんなのでしょうか。。。
材割りじゃないし、マットは初めての経験なので、意外にショックでしたΣ(T□T)


そんなサルベージした卵を入れたカップを確認すると、
一匹孵っていました!

たぶん、バルちゃん、だよね。

なにはともあれ~たくましく育って欲しい!
d0126520_0224762.jpg


by Ginettino | 2014-09-12 00:32 | 生体考察 | Comments(0)

割り出し①

6月にセットしたP. barbarossa
d0126520_23364156.jpg
(DIDIER, 1949より)

本格的ブリードを初体験のバルバロッサで試みるってどうなんでしょう??
ともかく、バルバロッサの50mmクラスを作出したく、ノウハウの無いなかでチャレンジしたいと思います。
d0126520_21492321.jpg


合計3つセットし、
ひとつはワインセラー(17℃)に、
もうふたつは、私の部屋で常温で管理していました。

さすがにここのところの暑さで、常温管理のほうはやばい状態に。
部屋にいるとき以外はクーラーつけてないため、マットの劣化がかなり進んでしまったのです。

最初のセット。もう、腐海。
♀の亡骸が見えますね。
d0126520_2149977.jpg

ふたつめのセット。こちらも腐海。
こちらも中央に亡骸が。。。
d0126520_2152551.jpg

ひっくり返すと、マットの8割が赤く発酵しておりました。
端々の黒くのこったマットの部分に、幼虫たちはなんとか潜んでいてくれました!
d0126520_21515518.jpg

常温の2セット、合わせて30弱。
上は30℃になる部屋でこの結果はどうなのでしょうか~ま、取れたのでひとまず嬉しいです^^

・・・少し肺に入った、か。。。

d0126520_2152647.jpg


もうひとつのワインセラーのほうも、せっかくなので掘り出し決行しました。
結論的に言えば、こちらは・・・「しまった、もう少し待てば良かった!(´Д`).∴」

なんと、餌をあげてなかったのに、♀ちゃん健在でした!
「さて、やるか」と蓋を開けたら、なんと、出てきていました。ゴシゴシ(-_\)(/_-)三( ゚Д゚) ス、スゲー! d0126520_2203612.jpg

外からも幼虫が見えております。d0126520_2212513.jpg

ひっくり返すと、あらあら、ぼろぼろ出てきました!50弱はいたかな~
d0126520_2242435.jpg
d0126520_2242721.jpg

卵も十数出てきてしまい、ああ━━━━(´Д`υ)━━━━・・・ 後悔。

やはり、セラーでの低温管理は伊達じゃないですね。
マットの変色も見られないし、発酵も常温に比べるべくも無く、穏やかなものです。
今後のひとつの指針になりました。d0126520_2244763.jpg


しかし、これほど子供をもたらしてくれた♀ちゃん。
d0126520_220455.jpg

フセツ欠けもなく、ピッカピカ。
正直驚きです。
もう、子供は十分なので、余生を過ごさせてあげるとします。

しかし、バルバロッサ、けっこう”もぐりん”な生態なのですね。
私はこの種に関してまったくの初心者なので、姿を現さない様に心配したものです。
餌ゼリーなんかほとんど食べませんし、
♀は地中へと潜行したまま。
プセウドルカヌス系の♀が「珍」なのは、こうした生態に理由があるのだろうなと思ってみたり。

なかなかに勉強になりました。

②へつづく。
by Ginettino | 2014-08-24 22:13 | 生体考察 | Comments(0)

Sicilia & Spain

P. barbarossa
d0126520_23535634.jpg

L. tetraodon. sicilianus
d0126520_2354166.jpg

欧州ミヤマの中でも、かなりマイナーラテンな彼ら。
ライブにてもろもろ検証開始。
d0126520_2358024.jpg

by Ginettino | 2014-06-06 23:58 | 日々戯言 | Comments(0)

sp. cervus @BASK

d0126520_0401220.jpg

Urgull, Donostia
Gibuzkoa
BASQUE country
12/08/95

52mm



by Ginettino | 2008-06-14 00:39 | 標本考察 | Comments(0)

sp. cervus @BASK

d0126520_036541.jpgArrazua, Bizkaia
BASK country
14/09/1994

46mm

スペインはバスク地方のラベルの個体。

by Ginettino | 2008-06-14 00:36 | 標本考察 | Comments(0)

sp. barbarossa

Lucanus barbarossa Fabricius, 1801
バロバロッサミヤマクワガタ
Lucanus barbarossa Fabricius, 1801
 : Tanger
 /Morocco/Algeria/ Tunisia/ Spain/ Portugal

________________________________________

d0126520_033620.jpgLieidr, SPAIN
19/7/2002

42mm


by Ginettino | 2008-02-21 00:18 | 標本考察 | Comments(0)

sp. cervus

d0126520_4194786.jpg
Lucanus cervus

Meano-Sanxenxo
Pontevedra
Espana
17/Jul/1999

54mm



by Ginettino | 2008-01-14 14:21 | 標本考察 | Comments(0)

sp. cervus

d0126520_4354298.jpg
Lucanus cervus

Bustarvieto
Madrid, Spain
A. Delsar Leg.

78mm

南フランス、ピレネー山脈の麓のものと大きな差は無いように感じる。


by Ginettino | 2008-01-14 02:41 | 標本考察 | Comments(0)

sp. cervus

d0126520_4311132.jpg
Lucanus cervus

Leioa, Vizcayav35m
23/Jul/1996
Leg. T. Molina

57mm


by Ginettino | 2008-01-14 02:33 | 標本考察 | Comments(0)

れんの博物学ライフの覚書スペース“オペルカ”. 主としてミヤマクワガタ Lucanus [Coleoptera, Lucanidae]に関することをあれこれつづってゆきます。「ミヤマは数見なきゃ語れない」


by れん
プロフィールを見る
画像一覧