マラッ「ツィ」オルム

Lucanus marazziorum Zilioli, 2012

イタリアのZilioliが2012年に記載したラオスのヒメミヤマ。

葛さんは、「ラオスミヤマ」と呼んでいた種。私は、「赤ミヤマ」と呼んでいました。

人名献名の学名で、マラッツィ氏 Marazziの複数属格-orumで、「マラッツィオルム」。

なぜだか分からないんですけど~ 生き虫界隈では「マラッ『シィ』ミヤマ」となってますね!!!

誰が「シィ」って言い出したの?笑 

「シ」でなくて「ツ」です。

*****

2000年前よりちょくちょく採れていて、だれもあまり記載に乗り気ではなかった。

なぜなら、ここら辺のヒメミヤマの分類は、複雑だから。
それに尽きます。

Zilioli氏も、記載に際して、Noteとして【フォルモサスとキクロマトイデスの分類】を試みています。
(⇒ここに関してはまた別途書きます。)

ただ、べトナムのイェンバイのがもたらされ始まった2013年は、なかなか私の熱もアツくてですね、ベトナム産のを記載しようと動いてました。

そのとき作っていたボツなラオス産のプレート、貼っときます。ベトナムのもあるけど。
日の目を見ないのももったいないので~
d0126520_12020931.jpg





[PR]
by Ginettino | 2018-05-30 12:09 | 日々戯言 | Comments(0)

れんの博物学ライフの覚書スペース“オペ-ルカ”. 主としてミヤマクワガタ Lucanus [Coleoptera, Lucanidae]に関することを、あれこれつづってゆきます。過去の記事は以下のタグよりどうぞ。「ミヤマは数見なきゃ語れない!!!」


by れん