Beetles World 11: ベトナム産マラッツィオルムミヤマの記録

Beetles World 11_2015. July
d0126520_16471909.jpg
pp.12-20

"Contribution to the knowledge of the Lucanidae- fauna of Vietnam."
「べトナム産クワガタムシ相に関する知見の追加」

T-Q Nguyen, K-D Schenk, Q-V Nguyen

【p.18, Fig.10】に、べトナム産マラッツィオルム♂♀ペア L. marazziorum pair from Vietnam が図示されました。
データは、2015年6-7月のサパ。
ラオスに産する本種の、べトナムにおける「初記録」という記述です。
特徴としては、「いくらか短く、しっかりした大顎を持ち、♀はより黒い have somewhat shorter and stouter mandibles and the females are much darker, nearly black.」、と述べられています。

*****

私見。

いまだから言えることですけど(笑、この記事のはるか前、2013年秋に、プロ仲間の協力を得て、自分はこのべトナム産の個体群を記載しようと極秘裏に「ゆっくり急いで」準備を進めていました。
そして、しかるべきところに投稿して、さあ! というところでしたが一向にレスポンスが無く・・・
あれですよ、「誰々先生の門下」とかじゃないので、読んでもらえなかったわけです。
で、だよね~な望まぬリジェクト rejected (掲載不可)!! 部外者な自分とはいえ、あんまりの扱いに~~~(以下自粛)
「記載においてそんなの見たこと無いぜ~?レベルの要求を網羅した修正稿(笑」を提出することなく、そのまま流しておりました。

そんなことなど知るよしも無く、シェンク氏らは、それから2シーズン目の2015年夏に、「べトナムでの初記録」という体裁で、記したわけであります。

ま、「記載」とかって大事なので、勇み足にならなくて良かったかな、と今となっては思いますけどね。

てことで、もったいないので、ここに「2013年時点でのボツ論文のべトナム産のプレート」を貼っときます!(黒字強調・笑!)
In my rejected description about L. marazziorum in Vietnam, Plate2(Dec, 2013)^^;;

d0126520_17102466.jpg


当初、サパのデータと混同されていましたが、主たる採集地はまちがいなくサパより南方の「イェンバイ YenBai prov.」です。


●ラオス産よりもパッと見、総体的にスレンダー。
ラオス産は概して「胸部」が太く、「腹部」と幅が変わらないくらいで、フォルムが「寸胴」に見える。
ただ体長にかんしては、ベトナム産が大型だとかはなく、ほぼ同等ですね。

●大顎が、とくに顎先がラオス産のごつい感じに比べ、べトナム産は鋭いかたちをみせます。
また、巨大な内歯がラオス産に比べて、「前方を向き気味」に鋭く発現する個体が多い。

触覚片状部が4~6節で、ゆらいでいる!
ラオス産にも出ますが、それは数えるくらい。(詳細なデータはここでは出さないでおきます。)
上のプレートだと、No.7・9・10の個体を参照。5節、6節になっています。
 ⇒このような変異は、ギリシアにおけるsp. cervusに見られるようなもので、興味深い特徴といえますね!

●シェンクが言う「♀はより黒い」というのは、単に「油分」でしょう。
 ⇒アセトンにつければ、ふつうに赤い状態にもどりますよん。

●ゲニを見て、当時は違うかな~と思っていましたが、「個体差」を思えば、同種の範囲内かな~と、今では思うようにしてます。
 ⇒タイ産のツカモト sp.tsukamotoi がラオス産と同じ、といったレベルといいましょうか。


以上、シェンク氏らの記述を受けて、
ごくごく簡単にですが~「じつは結構早かったんだよ~べトナム産のマラッツィオルム」について、でした。


では。


[PR]
by Ginettino | 2018-06-07 00:55 | Refarence | Comments(0)

れんの博物学ライフの覚書スペース“オペ-ルカ”. 主としてミヤマクワガタ Lucanus [Coleoptera, Lucanidae]に関することを、あれこれつづってゆきます。過去の記事は以下のタグよりどうぞ。「ミヤマは数見なきゃ語れない!!!」


by れん